当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Excelでセルのコピーで連続するデータを素早く入力する方法

デスクトップ Windows

Excelで同じようなフォーマットの文字列を入力する際、いちいち手入力していては面倒なので “オートフィル” を使うと便利です。

オートフィルとは?

Excelでセルを選択し右下の “■(フィルハンドル)” を上下左右にドラッグすることで、内容を連続するセルにコピーすることをオートフィルと呼びます。

このオートフィルは、文字列を単純にコピーするだけでなく「営業1課」「営業2課」「営業3課」と言った文字列の中にある数値を変化させてコピーすることができます。また、セルに他のセルを参照した数式が含まれる場合には、相対的に変化してコピーすることができます。

このように、連続するデータを入力したい場合にはオートフィルを使うと手入力するより素早く入力することができます。

連番を入力するやり方

「営業1課」のように数字が含まれる文字列だけでなく、「月」「火」「水」のような一般的に連続するデータでも可能です。
  1. 対象のセルを選択し右下の “■(フィルハンドル)” を必要なセルだけドラッグします。

    Windows 10→Excel 2016→オートフィル→連番

  2. 連番でコピーされます。

    Windows 10→Excel 2016→オートフィル→連番

連番でコピーしたくない場合はCtrlキーを押下しながら操作します。

数式をコピーするやり方

別のセルを参照した数式をコピーする場合、参照が相対的に変化してコピーされます。
  1. 対象のセルを選択し右下の “■(フィルハンドル)” を必要なセルだけドラッグします。

    Windows 10→Excel 2016→オートフィル→数式

  2. 連番でコピーされます。

    Windows 10→Excel 2016→オートフィル→数式

参照を変化させたくない場合は絶対参照($B$2など)を使います。

様々な文字列が対象となるので、いろいろと試してみると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。