当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhone / iPad でドラッグ&ドロップを使う方法

iPhone iPhone

iOS15より[テキスト]や[画像]などを異なるアプリ間で【ドラッグ&ドロップ】をすることが可能になりました。やり方が少し特殊なので覚えておくと便利かもしれません。

ドラッグ&ドロップとは?

パソコンなどでよく使われる「クリックしたまま移動して離す」と言う操作をドラッグ&ドロップと呼びます。スマートフォンの場合はマウスでは無くタッチ操作であるため、「タップしたまま移動して指を離す」と言い換えることができます。

これまでもアプリ内ではできる場合もありましたが、iOS15より「異なるアプリ間でドラッグ&ドロップする」と言う操作ができるようになりました。

iPhoneではドラッグ中にアプリを切り替える必要があるため操作が難しいですが、iPadなどのSplit ViewやSlide Overで使うと扱いやすいです。

ドラッグ&ドロップのやり方

  1. 対象をロングタップ(長押し)します。
    テキストの場合は事前に範囲選択しておきます。

    iPad→iPadOS15→ドラッグ&ドロップ

  2. 対象が持ち上がったらタッチしたまま動かします。

    iPad→iPadOS15→ドラッグ&ドロップ

  3. 移動先で指を離します。
    必要に応じてアプリを切り替えます。

    iPad→iPadOS15→ドラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップのやり方は以上です。

操作方法が特殊なので、慣れないうちは[コピー/カット(切り取り)]→[ペースト(貼り付け)]の方が扱いやすいかもしれません。

iPhone
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。