当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneで全てのデータから検索する方法

iPhone iPhone

iPhoneにインストール済みの[アプリ]をはじめ[アプリ内のデータ][メール][メッセージ][Webサイト][ファイル][メモ][スケジュール]などから特定キーワードを一括で検索することができます。これは「Spotlight検索」と呼ばれ、ホーム画面から[ボタン]または[ジェスチャー]によって起動することができます。

Spotlight検索とは?

iPhone内に保存されているデータ(アプリ、メール、メッセージ、ファイル、メモ、スケジュール)をはじめ、Webサイトなどを一括で検索できる機能がSpotlight検索(スポットライト検索)です。

Safariブラウザから検索するとWebサイトの検索しかできませんが、Spotlight検索を使えばiPhone内のデータを含めた全てのデータから、特定キーワードを検索することができます。

また、任意のアプリやデータを除外することもできるので、「検索結果が多すぎる」などと言う場合には取捨選択すると良いでしょう。

Spotlight検索の使いかた

検索ボタン

【検索ボタン】は後述する設定より非表示にすることができます。
  1. ホーム画面より【検索】をタップします。
    iPhone→ホーム画面

  2. Spotlight検索が表示されます。
    iPhone→Spotlight検索

ジェスチャー

  1. iPhoneのホームなどで「中央あたりから下へスワイプ」します。
    iPhone→ホーム

  2. Spotlight検索が表示されます。
    iPhone→Spotlight検索

Spotlight検索の使いかたは以上です。

検索ボタンの表示/非表示を切り替えるやり方

  1. 設定より【ホーム画面とアプリライブラリ】をタップします。
  2. ホーム画面とアプリライブラリより【ホーム画面に表示】のオン/オフを切り替えます。
    iPhone→設定→ホーム画面とアプリライブラリ

検索ボタンの表示/非表示を切り替えるやり方は以上です。

検索結果に含めるか設定するやり方

[Siriからの提案]を選択する

Spotlight検索に表示される[Siriからの提案]に含めるか否かをアプリごとに選択します。
  1. 設定より【Siriと検索】をタップします。
    iPhone→設定

  2. Siriと検索より【(対象アプリ)】をタップします。
    iPhone→設定→Siriと検索

  3. 対象アプリより【Appを提案】のオン/オフを切り替えます。
    iPhone→設定→Siriと検索

Appの表示を選択する

検索結果に[アプリ]または[アプリのデータ]を含めるか否かをアプリごとに選択します。
  1. 設定より【Siriと検索】をタップします。
    iPhone→設定

  2. Siriと検索より【(対象アプリ)】をタップします。
    iPhone→設定→Siriと検索

  3. 対象アプリより【検索でAppを表示】【検索でコンテンツを表示】のオン/オフを切り替えます。
    iPhone→設定→Siriと検索

検索結果に含めるか設定するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。