当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのモバイル通信でアプリをダウンロードする際に警告する方法

iPhone iPhone

iPhoneでは[Wi-Fi]はもちろん[モバイルデータ通信]でもアプリのダウンロードが可能ですが、データ通信量を節約したい場合には「モバイルデータ通信を使用してアプリをダウンロードするときは許可を求める」ようにすると良いでしょう。

モバイル通信でのダウンロード

iPhoneでは以前に「200MB以上のアプリはWi-Fiを使わないとダウンロードできない」と言う制限がありましたが、iOS 13よりモバイルデータ通信でもダウンロードできるようになっています。

ただ、サイズの大きなアプリもあるため、「Wi-Fiのみでダウンロードしたい」と言う場合には、誤ってダウンロードしないよう警告を表示すると良いでしょう。

また、あくまでも「警告」であるため、許可をすればモバイルデータ通信でダウンロードすることもできます。

iPhoneアプリのダウンロードサイズを確認する方法
iPhoneなどのiOS機器へアプリをインストールするには、App Storeからダウンロードする必要があります。ダウンロードにはデータ通信が必要なのでファイルサイズを確認して大きなアプリはWi-Fiを使うなどの対策をしないと「ギガが足りな...

モバイル通信の警告を設定するやり方

  1. 設定より【App Store】>【アプリダウンロード】を開きます。
    iPhone→設定

  2. アプリダウンロードより【常に許可】【200MB以上の時は確認】【常に確認】を選択します。
    iPhone→設定→App Store→Appダウンロード

モバイル通信の警告を設定するやり方は以上です。

ダウンロード時に許可するやり方

  1. App Storeの[(任意のアプリ)]より【入手】をタップします。
    iPhone→App Store

  2. ダイアログより【あとでWi-Fiを使う】【ダウンロード】を選択します。
    iPhone→App Store→モバイルデータ通信

ダウンロード時に選択するやり方は以上です。

「絶対にモバイルデータ通信は使わない」と言う場合には、モバイルデータ通信を制限する手もあります。

iPhoneのモバイルデータ通信を切り替える方法
iPhoneでモバイルデータ通信のオン/オフを切り替えるのは[設定]から行う方法と[コントロールセンター]から行う方法の2つがあります。また、アプリごとにモバイルデータ通信の使用可否を設定しておくと良いでしょう、

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。