当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhone 15 Proのマナーモードを自動で切り替える方法

iPhoneとUSB-C iPhone

iPhone 15 Proには、これまでの[着信/消音スイッチ]の代わりに【アクションボタン】が搭載されました。これによりショートカットアプリのオートメーションにて「消音モードの切り替え」ができるようになりました。これを用いると「自宅のWi-Fi接続が解除されたら消音モードをオンにする」などが可能になります。

自動で消音モードの切り替え

ショートカットアプリのオートメーションで【消音モードに設定】を選択すると「このアクションはこのiPhoneと互換性がありません。」と表示されることがあります。

これは、[着信/消音スイッチ]が搭載されたiPhoneには非対応であり、[アクションボタン]が搭載されたiPhone(iPhone 15 Proなど)にのみ対応しているからです。

このため、「自宅のWi-Fi接続が解除されたら消音モードをオンにする」と言ったオートメーションを作成するにはiPhone 15 Proなどの機種が必要なので注意してください。

オートメーションを作成するやり方

「自宅のWi-Fi接続が解除されたら消音モードをオンにする」を例としますが、逆の「自宅のWi-Fiに接続したら消音モードをオフにする」も可能です。

両方のオートメーションを作成することで、自動でオン/オフすることができます。

トリガーを選択する

  1. ショートカットアプリの[オートメーション]より【+】をタップします。
    初めてオートメーションを作成する場合は【新規オートメーション】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション

  2. 個人用オートメーションより【Wi-Fi】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→個人用オートメーション

  3. [(対象のネットワーク)][接続解除時][すぐに実行]を選択し【次へ】をタップします。
    逆を作成する場合は[(対象のネットワーク)][接続時][すぐに実行]を選択し[接続が中断したあとに実行]をオンにします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→個人用オートメーション→Wi-Fi

  4. [開始]より【新規の空のオートメーション】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→個人用オートメーション→選択

アクションを選択する

  1. アクションより【アクションを追加】を選択します。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  2. アクションの[スクリプティング]より【消音モードに設定】を選択します。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  3. [消音モードをオン変更]を選択し【完了】をタップします。
    逆を作成する場合は[消音モードをオフ変更]を選択します。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション→消音モードを設定

オートメーションを作成するやり方は以上です。

手動で「Wi-Fiをオフにする」を操作しても実行されるので動作確認をオススメします。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。