当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneでバックグラウンドでアプリが行うデータ通信を制限する方法

iPhone iPhone

iPhoneアプリの中にはアプリを使用していない時でもバックグラウンドでデータ通信している場合があります(アプリのバックグラウンド更新)。不要であればオフにすることで「データ通信量の節約」だけでなく「バッテリー消費の節約」にもつながります。

バックグラウンドでデータ通信する理由

アプリを使用していないくても動作している状態をバックグラウンドよび、アプリによっては通信を行っている場合があります。イメージしやすいのがメールアプリで、メールを自動受信させようとすればバックグラウンドでの通信は必要不可欠です。

しかし、そういったアプリとは別にバックグラウンドで通信させる必要のないアプリもあり、できるだけモバイルネットワークのデータ通信量を抑えたいのであれば、バックグラウンドで行われるデータ通信をオフにすると良いでしょう。

ただし、これをオフにすることで思わぬトラブルが発生する可能性もあるので、慎重に選択する必要があります。

バックグラウンドとフォアグラウンドの違いとは?
スマートフォンはパソコン等、デバイスを使っていると【バックグラウンド】と【フォアグラウンド】と言う言葉が登場することがあります。【バックグラウンド】と【フォアグラウンド】は対義語であり、それぞれ逆の意味で使われます。

アプリのバックグラウンド更新を変更するやり方

全体の場合

  1. 設定より【一般】>【アプリのバックグラウンド更新】を開きます。
    iPhone→設定

  2. アプリのバックグラウンド更新より【アプリのバックグラウンド更新】をタップします。
    iPhone→iOS15→設定→一般→アプリのバックグラウンド更新

  3. アプリのバックグラウンド更新より【オフ】【Wi-Fi】【Wi-Fiとモバイルデータ通信】のいずれかを選択します。
    【オフ】【Wi-Fi】にするとモバイルデータ通信が使用されなくなりますが、メールアプリなどでは「自動受信しない」と言ったトラブルになるので、特に理由が無ければ【Wi-Fiとモバイルデータ通信】を選択し、後述する[アプリ毎]にオン/オフを切り替えた方が良いでしょう。

    iPhone→iOS15→設定→一般→アプリのバックグラウンド更新

アプリ毎の場合

  1. アプリのバックグラウンド更新より【(各アプリ)】のオン/オフを切り替えます。
    iPhone→iOS15→設定→一般→アプリのバックグラウンド更新

アプリのバックグラウンド更新を設定するやり方は以上です。

最近はデータ通信量が使い放題では無いので、データ通信は必要最小限に留めておくようにしないと、イザと言う時に使える容量が無いという事にもなりかねません。

iPhone
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。