当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneでアクションボタンをカメラのシャッターにする方法

iPhone→ボタン iPhone

iPhoneのカメラで撮影する場合、「画面内のシャッターボタンをタップする」「音量キーを押下する」でシャッターを切ることができますが、これをアクションボタンに割り当てることができます。

カメラのシャッター

スマートフォンにカメラ専用のシャッターボタンが搭載されているのは少数派であるため、シャッターを切るには「画面内のシャッターボタンをタップする」のが一般的です。

iPhoneでは「音量キーを押下する」と言った操作でもシャッターを切ることができますが、iPhone 15 Proなどアクションボタンが搭載された機種では位置の関係で「アクションボタンを押下する」の方が操作しやすいでしょう。

「アクションボタンでシャッターを切る」と言うのは難しいことは無く、アクションボタンに[カメラ]を割り当てるだけです。

アクションボタンに割り当てるやり方

  1. 設定より【アクションボタン】をタップします。
    iPhone→設定

  2. アクションボタンより【カメラ】を選択します。
    アクションボタンの長押しでカメラが起動するようになり、カメラアプリの起動中はシャッターボタンになります。

    iPhone→設定→アクションボタン→カメラ

アクションボタンに割り当てるやり方は以上です。

Live Photosがオンだと短い動画として撮影されることがあるので注意してください。

iPhoneで撮影した写真が短い動画になるのを防ぐ方法
iPhoneで写真(画像)を撮影すると数秒の短い動画として保存されることがあります。これは[Live Photos]と呼ばれる機能でオフにすることができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。