当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneの充電完了を知る方法

iPhone iPhone

iPhoneには本体の状態を知る[LED]が備わっておらず「充電完了」と言った状態の変化に気が付きにくいので、ショートカットアプリのオートメーションを使って「充電完了を通知で知らせる」が実行されるようにしてみました。

充電の完了を知るには?

従来型の携帯電話(ガラケー)では、多くの機種で[LED]が搭載されており、充電中には[赤]で点灯し充電完了時には消灯する(または[緑]に点灯など)ような仕組みが採用されていることが多かったです。

しかし、iPhoneは古くから[LED]が搭載されておらず、気づけば充電しっぱなしになってしまうことも多々あります。昨今では、充電しっぱなしにしてもバッテリーの劣化は少ないようですが、長く使うのであれば少しでも劣化を抑えた方が良いでしょう。

そこでショートカットアプリで「充電中に100%になったら[通知]を表示する」と言うオートメーションを作成してみました。

iPhoneでショートカットアプリを使う方法
iPhoneには様々な[機能]や[操作]を自動化できるアプリがあります。少し難しいかもしれませんが、インターネット上には様々なレシピ(作り方)が存在するので、参考にして作成すると良いでしょう。

オートメーションを作成するやり方

  1. ショートカットアプリの[オートメーション]より【+】をタップします。
    初めてオートメーションを作成する場合は【新規オートメーション】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション

  2. 個人用オートメーションより【バッテリー残量】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→個人用オートメーション

  3. 新規オートメーション(バッテリー残量)よりスライダーを[100%]にし[100%と等しい]を選択した上で【次へ】をタップします。
    満充電にしたくない場合は[80%]など任意の値にすることも可能です。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→バッテリー残量

  4. [開始]より【新規の空のオートメーション】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→個人用オートメーション→選択

  5. アクションより【+アクションを追加】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  6. アクションの[スクリプティング]より【通知を表示】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  7. アクションより[通知(任意の文字列)を表示]を変更し【完了】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション→通知を表示

オートメーションを作成するやり方は以上です。

ショートカットアプリの使いかたに慣れている人であれば、「好きな音を鳴らす」と言ったこともできるので、興味があれば調べてみると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。