当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホで充電完了を通知する方法

Androidスマートフォン Android

昨今のAndroidスマートフォンには本体の状態を知る[LED]が備わっていないことが多く「充電完了」と言った状態の変化に気が付きにくいので、自動化アプリを使って「充電完了を通知で知らせる」などが実行されるようにしてみました。

iPhoneでも同様のことができます。

充電の完了を知るには?

従来型の携帯電話(ガラケー)では、多くの機種で[LED]が搭載されており、充電中には[赤]で点灯し充電完了時には消灯する(または[緑]に点灯など)ような仕組みが採用されていることが多かったです。

しかし、スマートフォンには[LED]が搭載されていない機種も多く、気づけば充電しっぱなしになってしまうことも多々あります。昨今では、充電しっぱなしにしてもバッテリーの劣化は少ないようですが、長く使うのであれば少しでも劣化を抑えた方が良いでしょう。

そこで自動化アプリを使い「充電中に100%になったら[通知]を表示する」と言う動作をさせてみます。

Androidスマホの操作を自動化するアプリ
スマートフォンで何度も同じ操作を繰り返すことがあります。そんな時に役に立つのが自動化アプリで、古くから様々なアプリが登場してきましたが、今回は比較的に操作がしやすい “MacroDroid(マクロドロイド)” を使ってみました。

マクロを作成するやり方

  1. MacroDroidより【マクロを追加】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid

  2. マクロを追加より[トリガー]の【+】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加

  3. トリガーを追加の[バッテリー/電源]より【電池残量の変化】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→トリガー

  4. オプションを選択より[指定残量への増加/減少時]を選択し【OK】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→トリガー→バッテリー/電源→電池残量の変化

  5. 電池残量トリガーより[~まで増加]を選択しスライダーを[100%]に移動したら【OK】をタップします。
    満充電にしたくない場合は[80%]など任意の値にすることも可能です。

    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→トリガー→バッテリー/電源→電池残量の変化

  6. マクロを追加より[アクション]の【+】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加

  7. アクションを追加の[条件分岐/繰り返し]より【条件分岐(If)】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→アクション

  8. 条件分岐(If)の[条件]より【+】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→アクション→If

  9. 条件を追加の[バッテリー/電源]より【電源の接続状態】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→アクション→If→条件を追加

  10. オプションを選択より[電源に接続中]を選択し【OK】をタップします。
    その他のオプションは任意で選択します。

    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→アクション→If→条件を追加→オプションを選択

  11. 条件分岐(If)の内容を確認し問題が無ければ【OK】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→アクション→If

  12. マクロを追加より[アクション]の【条件分岐の開始(If)】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→条件分岐(If)

  13. メニューより【子アクションを追加】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→条件分岐(If)→メニュー

  14. アクションを追加の[通知]より【通知の表示】をタップします。
    通知を表示する以外にも[メディア]より【サウンドを再生/停止】や[機器アクション]より【バイブ(振動)】を選ぶこともできます。

    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→アクション

  15. 通知を表示より[通知のタイトル]と[通知のテキスト]を入力し【OK】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→マクロを追加→条件分岐(If)→通知を表示

  16. 最後に[マクロ名を入力]に入力し【三+】をタップします。
    Androidアプリ→MacroDroid→充電完了

マクロを作成するやり方は以上です。

マクロの作成に慣れている人であれば、「好きな音を鳴らす」と言ったこともできるので、興味があれば調べてみると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。