当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのテザリングを自動でオンにする方法

リビングにテレビ iPhone

「自宅ではiPhoneのテザリング(インターネット共有)を使ってインターネットに接続している」などと言う場合、いちいちiPhoneを操作していては面倒なので「自宅に着いたらインターネット共有をオンにする」を自動化してみると便利かもしれません。

テザリングとインターネット共有

iPhoneではテザリングのことをインターネット共有と呼んでいます。このため、「テザリング=インターネット共有」と考えて差し支えありません。

MacやiPadからであれば「iPhoneのインターネット共有をオンにする」と言うことを遠隔操作する【Instant Hotspot】が使えますが、Windowsなど他のデバイスからは使うことができません。

ただ、iPhoneではショートカットアプリのオートメーション機能を使うと「インターネット共有をオンに変更する」と言うアクションを選択できるので、「家に着いたとき」「電源に接続したとき」などのトリガーを選択すれば「自動でインターネット共有をオンにする」と言うことができます。

オートメーションを作成するやり方

「自宅に着いたらインターネット共有をオンにする」を例としますが、トリガーを変更すれば「電源に接続したらインターネット共有をオンにする」などに変更することもできます。

トリガーを選択する

  1. ショートカットアプリの[オートメーション]より【+】をタップします。
    初めてオートメーションを作成する場合は【新規オートメーション】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション

  2. 個人用オートメーションより【到着】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→トリガー

  3. 到着より[場所][任意の時刻][すぐに実行]を選択し【次へ】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→トリガー→到着

  4. [開始]より【新規の空のオートメーション】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→個人用オートメーション→選択

アクションを選択する

  1. アクションより【アクションを追加】を選択します。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  2. アクションの[スクリプティング]より【インターネット共有を設定】を選択します。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  3. [インターネット共有をオン変更]を選択し【完了】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション→インターネット共有を設定

オートメーションを作成するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。