当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのテザリングを遠隔操作でオンにする方法

iPhone iPhone

iPhone/iPadなどのiOSデバイスには[Instant Hotspot(インスタント ホットスポット)]と呼ばれる機能があり、接続するデバイス(iPadやMacなど)から遠隔操作して自動的にインターネット共有(テザリング)をオンにすることができます。

Instant Hotspotとは?

Instant Hotspot(インスタントホットスポット)はiOS8.1より搭載された機能で、接続するデバイス(iPadやMacなど)を操作して接続されるデバイス(iPhoneなど)のインターネット共有(テザリング)をオンにすることができます。

例えば、iPhoneをアクセスポイント(接続されるデバイス)としてMac(接続するデバイス)をインターネットへ接続する場合、Macを操作することで「iPhoneのインターネット共有をオン」にしてインターネットへ接続することができます。iPhoneを操作する必要は無いため、カバンの中やポケットの中に入れたままでも、テザリングを使うことができます。

このInstant Hotspotは、iOS8.1以降を搭載したiPhoneiPadを始め、OSX10.10 Yosemite以降のMacが対応しています。

ちなみに、iPhone同士でも可能です。

事前準備

接続する/接続されるデバイス(iPhone、iPad、Macなど)の両方で設定します。
  • 接続する/接続されるデバイスの両方に同じApple IDを設定します。
    iPhone→設定→Apple ID

  • 接続する/接続されるデバイスの両方で[Bluetooth]をオンにします。
    ペアリングする必要はありません。

    iPhone→設定→Bluetooth

Instant Hotspotで接続するやり方

接続するデバイス(iPadやMacなど)を操作します。
  1. デバイスより【設定】または【システム設定】を開きます。
    iPhoneで設定アプリの使いかた
    iPhoneでは、本体の設定を変更するのに[設定]アプリを用います。特に難しいことはありませんが、各アプリの設定も同じ[設定]アプリで行う場合があるので、「設定が見当たらない」と言う場合には見直してみると良いでしょう。
    Macで「システム設定」を開く方法
    Macの設定を変更するには[システム設定]より操作を行います。iPhoneやiPadのように「設定アプリ」が用意されているわけでは無く、メニューバーより操作を行います。
  2. 設定の[Wi-Fi]より【インターネット共有】>【(対象のデバイス名)】を選択(接続)します。
    Mac→システム設定→Wi-Fi

Instant Hotspotの使いかたは以上です。

iPhoneを始めiPadやMacでしか使えないのは残念ですが、Bluetoothをオンにしておく必要があるため、Bluetoothテザリングを使えばWindowsでも似たようなことが可能かもしれません。

参考 iPhoneのテザリングでインターネットに接続する方法

iPhone
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。