当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのWi-Fiで「安全性の低いセキュリティ」の対策方法

iPhone iPhone

iPhoneをWi-Fiに接続すると[安全性の低いセキュリティ]と表示されることがあります。これは古い[認証方式]や[暗号方式]を使用していると表示されるものです。

Wi-Fiのセキュリティ

Wi-Fiのセキュリティは[認証方式]や[暗号方式]によるところが大きく日々の進化が繰り返されており、より新しいものを使う方がセキュリティレベルは向上すると言えます。

古いセキュリティを使っていると傍受される危険性はもちろん、そこから踏み台として利用されトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

iPhoneでは、古いセキュリティのWi-Fiに接続した際に[安全性の低いセキュリティ]と表示されるようになっているので、Wi-Fiに接続する際には確認するようにした方が安全かもしれません。

Wi-Fiのセキュリティを確認するやり方

  1. 設定より【Wi-Fi】をタップします。

    iPhone→iOS16→設定→検索ボックス

  2. Wi-Fiより[(チェックマーク)]のついたアクセスポイントを確認します。

    iPhone→iOS16→設定→Wi-Fi

Wi-Fiのセキュリティを確認するやり方は以上です。

[安全性の低いセキュリティ]と表示されたら?

Wi-FiのセキュリティはWi-Fiアクセスポイント側で設定するため、自宅などの場合にはWi-Fiルーターなどの設定を変えるよと良いでしょう。

2023年01月の現在では[認証方式]はWPA3を[暗号方式]はAESを選択するのが強固とされています。必ずしも最新である必要は無いので、現状で可能な一番に強固とされているセキュリティに設定し接続してみて「表示されるか」を確認してみると良いでしょう。

それでも表示される場合にはWi-Fiルーターの買い替えを検討したほうが良いかもしれません。

バッファロー WiFi ルーター 無線LAN 最新規格 Wi-Fi 6E 6GHz対応 AXE5400 2401+2401+573Mbps Easy Mesh トライバンド 【 iPhone 14 / 13 / iPhone SE (第三世代) / Nintendo Switch / PS5 メーカー動作確認済み 】 エコパッケージ WNR-5400XE6/N
バッファロー WiFiルーター WNR-5400XE6
 

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。