当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneでアプリのダウンロードを制限する方法

iPhone iPhone

iPhoneなどのスマートフォンは[アプリ]をダウンロード&インストールすることで機能を追加することができますが、新たにアプリをインストールされては困る状況などには、これをパスワードでロックすることができます。

機能制限からスクリーンタイムへ

iOS11までは設定に[機能制限]と呼ばれる項目があり、アプリの[インストール]を制限することができましたが、iOS12へアップデートされたのを機に設定から[機能制限]の項目は無くなってしまいました。

これにより機能制限が「できなくなった」わけではなく、新たに追加されたスクリーンタイムに同様の機能が追加されています。

このため、このスクリーンタイムの機能を使えば、以前の機能制限と同様に[インストール]の制限をすることができます。

設定した内容を第三者に解除されないようパスワードの設定を推奨します。

アプリのインストールを制限するやり方

  1. 設定より【スクリーンタイム】をタップします。
    iPhone→設定

  2. スクリーンタイムより【コンテンツとプライバシーの制限】をタップします。
    iPhone→設定→スクリーンタイム

  3. コンテンツとプライバシーの制限より【コンテンツとプライバシーの制限】のオン/オフを切り替えます。
    iPhone→設定→スクリーンタイム→コンテンツとプライバシーの制限

  4. コンテンツとプライバシーの制限より【iTunesおよびApp Storeでの購入】をタップします。
    iPhone→設定→スクリーンタイム→コンテンツとプライバシーの制限

  5. iTunesおよびApp Storeでの購入より【インストール】を選択します。
    他にも【Appの削除】【App内課金】の制限ができます。

    iPhone→設定→スクリーンタイム→コンテンツとプライバシーの制限→iTunesおよびApp Storeでの購入

  6. 選択した項目より【許可】【許可しない】を選択します。
    iPhone→設定→スクリーンタイム→コンテンツとプライバシーの制限→iTunesおよびApp Storeでの購入→インストール

アプリのインストールを制限するやり方は以上です。

自分で使用するiPhoneであれば設定する意味は少ないかもしれませんが、子供に貸し与えたりビジネス用途で第三者に使用させる場合などには、操作されないよう制限すると有効でしょう。

iPhoneでアプリなどの使用時間を制限する方法
「スマホ依存」と言う言葉が生まれるほどに、現代人はスマートフォンを長時間利用する人が多いようです。無意識に見てしまい勉強や仕事はもちろん生活にまで何らかの影響が出るようであれば、スクリーンタイムの機能を使って使用時間を制限すると良いかもしれ...

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。