当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneでアプリなどの使用時間を制限する方法

iPhone iPhone

「スマホ依存」と言う言葉が生まれるほどに、現代人はスマートフォンを長時間利用する人が多いようです。無意識に見てしまい勉強や仕事はもちろん生活にまで何らかの影響が出るようであれば、スクリーンタイムの機能を使って使用時間を制限すると良いかもしれません。

使用できない時間を作る

「無意識にスマホを操作してしまう」「スマホゲームがやめられない」などスマートフォンから離れられない人が増えているようです。

学生であれば試験前など勉強しなくてはならない場合があり、社会人でも当然に仕事をしなくては生活ができなくなってしまうので、それらの時間をスマートフォンに取られてしまうと、やはり生活へ何かしらの影響を及ぼしてしまいます。

そのため、利用時間を制限したいところでしょうが、依存というのは自分自身で何とかしようとしても難しい面があるので、iOS12から新しく追加された スクリーンタイム の機能を使って、使用時間を制限をすると効果的かもしれません。

また、子供のスマートフォンなどの場合には、設定した内容を解除されないようパスワードの設定を推奨します。

iPhoneにペアレントコントロールを設定する方法
iPhoneでは[スクリーンタイム]の[コンテンツとプライバシーの制限]を使って「特定のAppや機能を使えないようにする」「使用制限を設ける」と言った【ペアレントコントロール】をすることができます。

利用時間の制限をするやり方

  1. 設定より【スクリーンタイム】をタップします。
    iPhone→設定

  2. スクリーンタイムより【休止時間】をタップします。
    iPhone→設定→スクリーンタイム

  3. 休止時間より[スケジュール]をオンにし[開始]と[終了]の時刻を設定します。
    [休止時間中にブロック]をオンにしておくと、制限されたアプリを利用する際にスクリーンタイム・パスコードが必要となります。

    iPhone→設定→スクリーンタイム→休止時間

利用時間の制限をするやり方は以上です。

時刻で区切るのでは無く「ゲームは1日1時間」など使用時間の制限をすることもできます。

アプリの使用時間を制限するやり方

  1. スクリーンタイムより【App使用時間の制限】をタップします。
    iPhone→設定→スクリーンタイム

  2. App使用時間の制限より【制限を追加】をタップします。
    iPhone→設定→スクリーンタイム→App使用時間の制限

  3. Appを選択より[カテゴリー]を選択し【追加】をタップします。
    アプリを個別に選択することはできません。

    iPhone→設定→スクリーンタイム→App使用時間の制限

  4. 選択したカテゴリーより[時間]や[曜日]を設定します。
    [使用制限終了時にブロック]をオンにしておくと、制限されたアプリを利用する際にスクリーンタイム・パスコードが必要となります。

    iPhone→設定→スクリーンタイム→App使用時間の制限

アプリの使用時間を制限するやり方は以上です。

ただ、iPhoneの機能を勉強や仕事で使用している人も多いでしょう。そのため、制限中でも使用可能なアプリを指定することができます。

常に使用するアプリを選択するやり方

  1. スクリーンタイムより【常に許可】をタップします。
    iPhone→設定→スクリーンタイム

  2. 常に許可より対象のアプリの【+】をタップします。
    除外したい場合には【-】をタップします。

    iPhone→設定→スクリーンタイム→常に許可

常に使用するアプリを選択するやり方は以上です。

慣れないと複雑で難しいかもしれませんので「制限するアプリ」「許可するアプリ」を整理し明確にしてから設定すると良いかもしれません。

iPhoneでアプリのダウンロードを制限する方法
iPhoneなどのスマートフォンは[アプリ]をダウンロード&インストールすることで機能を追加することができますが、新たにアプリをインストールされては困る状況などには、これをパスワードでロックすることができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。