当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Linuxで「viエディタ」を使う時に最低限覚えておきたいコマンド

Linux

「使い方がわからない」「使いにくい」などと言われることの多い【viエディタ】は、主にUbuntuなどのLinuxにプリインストールされています。昨今では様々なエディタがありますが、「viエディタしか使えない」と言った環境に備えて最低限のコマンドは覚えておきましょう。

viエディタとは?

古くからLinuxなどのUNIX環境で使われることの多いエディタです。使い方がWindowsのメモ帳などと大きく異なることから取っ付きにくく「使い方がわからない」「使いにくい」と言われることが多いです。

viエディタを使わなくとも他に様々なエディタがありますが、中には「viエディタしか使えない」と言った環境で操作する場合もあるので、最低限の使い方を覚えておくと役に立つかもしれません。

今回は個人的によく使うコマンドを並べてみました。

viエディタの使い方

モード切替

コマンド名 説明
escキー コマンドモード
aキー 入力モード(カーソルの右)

viエディタにはコマンドモード入力モード(インサートモード/編集モード)の2つがあります。

コマンドモードは「保存」「終了」「カーソル移動」「削除」と言った操作を行うためのモードであり、これはviエディタがマウスを使わずにキーボードのみで操作するためです。

入力モードは「インサートモード」「編集モード」などと呼ばれることもあり、文字通り「文字を入力する」ためのモードです。注意点としてviエディタは「文字にカーソルがある(Windowsなどでは文字と文字の間にカーソルがある)」ので、カーソルの右に入力できるようaキーを用いると使いやすいです。

現在のモードが良くわからなければ、とりあえずESCキーを押下し「コマンドモードへ切り替える」と良いでしょう。

起動

コマンド名 説明
vi 新規作成
vi [ファイル名] ファイルを開く(無い場合は新規作成)

viエディタを起動するには[vi]に続けて[ファイル名]を入力しますが、ファイル名を後で決めたい場合には[vi]だけでも起動します。

入力した[ファイル名]が存在すれば編集となり、存在しなければ新規作成になります。

終了

コマンド名 説明
:w 上書き保存
:wq 保存して終了
:q! 保存しないで終了
:q 終了

viエディタでは[:]を入力すると、画面の下にコマンドが表示されるようになります。

viエディタを終了するだけであれば[:q]で問題ありませんが、ファイルの内容を編集している場合には「保存するか否か」によってコマンドが変わります。

コマンドを見ればわかるとおり、[w]が保存で[q]が終了となり組み合わせて使います。[!]は強制と考えれば良いでしょう。

カーソル移動

コマンド名 説明
hキー
jキー
kキー
lキー

lキーは小文字のLです。

「使いにくい」と言われる原因の1つが「カーソルキーでカーソル移動ができない」ことにあるかもしれません。カール移動はコマンドモードでhjklキーを用います。

わかりにくいと感じるかもしれませんが、jkに対応していることだけ覚えればhlは位置どおりのなので直感的にわかりやすいでしょう。

さらに、jキーはキーボードのホームポジションでもあるので、とりあえず「jである」とだけ覚えれば、他のキーも覚えやすいかもしれません。

削除

コマンド名 説明
xキー カーソルの文字を削除
ddキー カーソルの行を削除

少なくともxキーだけ覚えれば良いですが、ddも覚えておくと使い勝手が良いかもしれません。

Linux
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。