当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

X(Twitter)にアップロードする画像や動画を高画質にする方法

Twitter ネットワーク

X(Twitter)に[画像]や[動画]をアップロードすると「画質が悪い」「画質が落ちる」と言ったことがありますが、これは設定によって「高画質でアップロード」することができます。

画像や動画の画質

X(Twitter)に限らず[画像]や[動画]をアップロードした際に「画質が悪い」「画質が落ちる」と言ったことは良くあります。

理由が明確に案内されていることは少ないですが、察するに「保存容量の問題」「データ通信量の問題」「通信速度の問題」などが挙げられるのかもしれません。

ただ、X(Twitter)では「アップロード時に画質を下げない」と言う設定をすることができるので、気になる人は選択すると良いでしょう。

高画質でアップロードするやり方

  1. X(Twitter)より【(自分のアイコン)】をタップします。
    X(Twitter)→ホーム

  2. サイドメニューの[設定とサポート]より【設定とプライバシー】をタップします。
    X(Twitter)→サイドメニュー

  3. 設定より【アクセシビリティ、表示、言語】をタップします。
    X(Twitter)→設定

  4. [アクセシビリティ、表示、言語]より【データ利用の設定】をタップします。
    X(Twitter)→設定→アクセシビリティ、表示、言語

  5. データ利用の設定の[画像を高画質でアップロード][動画を高画質でアップロード]より【モバイルデータ通信とWi-Fi接続時】【Wi-Fi接続時のみ】を選択します。
    なぜかiPhoneアプリでは[画像を高画質でアップロード]のみであり、[動画を高画質でアップロード]は選択できません。

    X(Twitter)→設定→アクセシビリティ、表示、言語→データ利用の設定

高画質でアップロードするやり方は以上です。

ネットワーク
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。