当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsのWebブラウザをエクスプローラー代わりにする方法

Windows 11→Edge→Fileプロトコル Windows

Windows 11やWindows 10にプリインストールされているWebブラウザ[Microsoft Edge]は、エクスプローラーの代わりとして「ストレージのファイル/フォルダーを閲覧する」と言うことができます(fileプロトコル)。

fileプロトコルとは?

Windows 11やWindows 10でストレージ内(Cドライブなど)を閲覧するのに使用するのはエクスプローラーですが、Webブラウザを代わりに使うこともできます。

Webブラウザは本来であればインターネット上などに公開されているWebサイトやWebページを閲覧するものですが、特別なURL(file:///)を指定すれば内部ストレージのCドライブなどを閲覧することも可能であり、これをfileプロトコルと呼びます。

「エクスプローラーが使えない」と言う状況は少ないでしょうが、Webブラウザは[画像]や[PDF]のビューアーとしても使えるので、Webブラウザから操作したほうが使い勝手が良いかもしれません。

ストレージを開くやり方

  1. Microsoft Edgeの[アドレスバー]に以下を入力します。
    file:///C:\
    
    [C]はドライブレターです。参照するストレージによって[D][E]など変更してください。
  2. 入力したアドレスのファイル/フォルダーが表示されます。
    Windows 11→Edge→fileプロトコル

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。