当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Microsoft IMEのオン/オフ切り替えをCtrl+Spaceキーで行う方法

デスクトップ Windows

Windowsにプリインストールされている[Microsoft IME(日本語入力ソフト)]は[全角/半角]キーを押下することでオン/オフ切り替えを行いますが、これを[CTRL+SPACE]キーへ変更することができます。

日本語入力の切り替え

一般的な[Windowsパソコン]の場合、キーボードには全角/半角キーが備わっていることが多いですが、USキーボード(英語キーボード)など一部のキーボードには無いことも少なくありません。

このようなキーボードを使用している際に、IMEのオン/オフ切り替えは別のショートカットキーが割り当てられていることもありますが、Windowsでは設定よりショートカットキーを割り当てることができるようになっています。

どのショートカットキーに割り当てるかは好みによりますが、MacではCtrl+(Space)キーであるため、揃えておくとOS間の操作を合わせることができます。

Ctrl+Spaceキーへ変更するやり方

Windows 11

画面の右下にあるタスクトレイより【A】または【あ】を右クリックし、メニューより【設定】をクリックすると[Microsoft IME]までショートカットできますが、以前のバージョンでは操作できないので注意してください。
  1. 設定の[時刻と言語]より【言語と地域】をクリックします。
    Windows 11→設定→時刻と言語

  2. 言語と地域の[日本語]>[ 三点リーダー)]より【言語のオプション】をクリックします。
    Windows 11→設定→時刻と言語→言語と地域

  3. オプションの[キーボード]>[Microsoft IME]>[ 三点リーダー)]より【キーボードオプション】をクリックします。
    Windows 11→設定→時刻と言語→言語と地域→オプション

  4. Microsoft IMEより【キーとタッチのカスタマイズ】をクリックします。
    Windows 11→設定→時刻と言語→言語と地域→オプション→Microsoft IME

  5. キーとタッチのカスタマイズの[キーの割り当て]>[Ctrl + Space]より【IME-オン/オフ】を選択します。
    Windows 11→設定→時刻と言語→言語と地域→オプション→Microsoft IME→キーとタッチのカスタマイズ

Windows 10

画面の右下にあるタスクトレイより【A】または【あ】を右クリックし、メニューより【設定】をクリックすると[Microsoft IME]までショートカットできますが、以前のバージョンでは操作できないので注意してください。
  1. 設定より【時刻と言語】を選択します。
    Windows 10→設定

  2. 時刻と言語の[言語]より[優先する言語]>【日本語】>【オプション】を選択します。
    【日本語】をクリックすると【オプション】が表示されます。

    Windows 10→設定→時刻と言語→言語

  3. 言語のオプション:日本語より【Microsoft IME】>【オプション】を選択します。
    【Microsoft IME】をクリックすると【オプション】が表示されます。

    Windows 10→設定→時刻と言語→言語→優先する言語→言語のオプション

  4. Microsoft IMEより【キーとタッチのカスタマイズ】を選択します。
    Windows 10→設定→Microsoft IME

  5. キーとタッチのカスタマイズの[キーの割り当て]>[Ctrl + Space]より【IME-オン/オフ】を選択します。
    Windows 10→設定→Microsoft IME→キーとタッチのカスタマイズ

Ctrl+Spaceキーへ変更するやり方は以上です。

「プライベートではMacを使うが仕事ではWindowsを使う」などと言う場合に揃えておくと違和感なく操作ができるかもしれません。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。