当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsの「起動」「サインイン」「サインアウト」「終了」の時刻を確認する方法

デスクトップ Windows

Windowsを始めとしたパソコンでは[起動][サインイン(ログイン)][サインアウト(ログアウト)][終了]などの操作がデフォルトでログとして記録されており、後から確認することができるようになっています。

起動から終了まで

Windowsを始めとしたパソコンでは[起動]から[終了]までの間に[ログイン(サインイン)]と[ログアウト(サインアウト)]の操作が挟まります。人によっては自動的にログインを行っていたり[ログアウト]せずに[終了(自動的にログアウト)]したりしていますが、もちろん内部的には処理されています。

これらの動作は、Windowsではイベントと呼ばれる単位でログとして時刻と共に記録され、イベントビューアーを使うことで閲覧することができるようになっています。

このため、パソコンの起動・終了やログイン・ログアウトのログを用いて「勤怠管理に使う」や「自分以外の第三者によってログインされたか?」などを確認することができるかもしれません。ただし、これらのログ(イベント)は消去も可能なので注意してください。

イベントビューアーで確認するやり方

  1. Windowsより【イベントビューアー】を開きます。
    Windowsのイベントビューアーを使う方法
    WindowsにはOS上で発生した操作などのイベント(ログ)を時刻と共に記録する機能がデフォルトで用意されており、イベントビューアーを用いて閲覧・操作することができるようになっています。
  2. イベントビューアーより[Windowsログ]>【システム】を選択します。
    表示されるまで暫く時間がかかる場合があります。

    Windows 11→イベントビューアー

イベントビューアーに保存されているイベント(ログ)は、それぞれにイベントIDと呼ばれる番号が割り振られているので、これを使って目的のイベントを探すことができます。

ただし、数が多いのでフィルターを使って絞り込むと良いでしょう。

項目
イベントソース EventLog(eventlog), Winlogon
イベントID 6005,6006,7001,7002
Windowsのイベントビューアーを使う方法
WindowsにはOS上で発生した操作などのイベント(ログ)を時刻と共に記録する機能がデフォルトで用意されており、イベントビューアーを用いて閲覧・操作することができるようになっています。

起動(ID:6005)

イベントソース:EventLogよりイベントID:6005として記録されます。ただし、高速スタートアップがオンになっている場合には記録されない場合があります。

Windows 11→イベントビューアー→6005

ログイン(ID:7001)

イベントソース:WinlogonよりイベントID:7001として記録されます。

Windows 11→イベントビューアー→7001

ログアウト(ID:7002)

イベントソース:WinlogonよりイベントID:7002として記録されます。

Windows 11→イベントビューアー→7002

終了(ID:6006)

イベントソース:EventLogよりイベントID:6006として記録されます。ただし、高速スタートアップがオンになっている場合には記録されない場合があります。

Windows 11→イベントビューアー→6006

イベントビューアーで確認するやり方は以上です。

Windows
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。