当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsのイベントビューアーを使う方法

デスクトップ Windows

WindowsにはOS上で発生した操作などのイベント(ログ)を時刻と共に記録する機能がデフォルトで用意されており、イベントビューアーを用いて閲覧・操作することができるようになっています。

イベントビューアーとは?

Windows上で発生した[事象]などをイベント(ログ)と呼ばれる単位で管理しています。これらのイベントは、発生した時刻と共に記録・保存されており、後からユーザーによって確認することができるようになっています。

この際に使用するツール(ソフトウェア)をイベントビューアーと呼び、イベントの閲覧はもちろんのこと不要なイベントの削除などを行うことができるようになっています。

普段は目にする必要の無いツールですが、何らかの不具合などの調査で使用する際には重宝するでしょう。

イベントビューアーの使いかた

コントロールパネルより[Windowsツール(管理ツール)]>【イベントビューアー】より開くこともできます。

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。

開くやり方

  1. 画面下の[田]を右クリックします。
    キーボードのXキーでも同様です。

    Windows 11→タスクバー

  2. コンテキストメニューより【イベントビューアー】をクリックします。
    Windows 11→スタートボタン→コンテキストメニュー

  3. イベントビューアーが表示されます。
    Windows 11→イベントビューアー

保存されているイベント(ログ)は膨大であるため、全てをチェックするのは困難なのでフィルタリング機能などを使った絞り込みをオススメします。

絞り込むやり方

  1. イベントビューアーの[左ペイン]よりログを選択します。
    Windows 11→イベントビューアー

  2. イベントビューアーの[右ペイン]より【現在のログをフィルター】を選択します。
    Windows 11→イベントビューアー

  3. 現在のログをフィルターより[条件]を指定し【OK】をクリックします。
    Windows 11→イベントビューアー→現在のログをフィルター
Windowsの「起動」「サインイン」「サインアウト」「終了」の時刻を確認する方法
Windowsを始めとしたパソコンでは[起動][サインイン(ログイン)][サインアウト(ログアウト)][終了]などの操作がデフォルトでログとして記録されており、後から確認することができるようになっています。
WindowsパソコンのIPアドレスが競合したときの対処方法
Windows 10を搭載したパソコンを起動させたら「IPアドレスの競合が検出されました」とエラーダイアログが表示されました。Wi-FiルーターのDHCPを使って自動的に割り当てていたので「何かの間違いだろう」と無視していましたが、何度も表...
Windows
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。