当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

紛失したWindowsパソコンの場所を探す方法

デスクトップ Windows

Microsoftアカウントを設定したWindowsパソコンでは、デバイスの検索機能を使うことができるので、別デバイスから現在の位置を確認できます。ただし、事前に設定(デバイスの検索)が必要なので注意してください。

「デバイスを探す」とは?

Microsoftが提供しているサービスの1つです。

デバイスの位置情報サービスを使い、紛失や盗難にあった際にデバイスの所在地を検出して地図上に表示させることができます。

ただし、「Microsoftアカウントでサインインしている」、設定より「位置情報サービスをオンにする」「デバイスの検索をオンにする」と言った初期設定が必要なので注意してください。

「デバイスを探す」を設定するやり方

Windows 11

  1. 設定の[プライバシーとセキュリティ]>[位置情報]より【位置情報サービス】のオン/オフを切り替えます。
    Windows 11→設定→プライバシーとセキュリティ→位置情報

  2. 設定の[プライバシーとセキュリティ]>[デバイスの検索]より【デバイスの検索】のオン/オフを切り替えます。
    Windows 11→設定→プライバシーとセキュリティ→デバイスの検索

Windows 10

  1. 設定の[プライバシー]>[位置情報]>【変更】よりオン/オフを切り替えます。
    Windows 10→設定→プライバシー→位置情報

  2. 設定の[更新とセキュリティ]>[デバイスの検索]>【変更】よりオン/オフを切り替えます。
    Windows 10→設定→更新とセキュリティ→デバイスの検索

初期設定するやり方は以上です。

地図を表示するやり方

  1. Webブラウザより[Microsoft アカウント]へアクセスし[(対象デバイス)]の【詳細の表示】をクリックします。
    Web→Microsoftアカウント

  2. デバイスより【デバイスを探す】をクリックします。
    Web→Microsoftアカウント→デバイス

  3. 「デバイスを探す」より【検索】をクリックします。
    Web→Microsoftアカウント→デバイス→デバイスを探す

地図を表示するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。