当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsでタスクバーが消えた場合の対処法

Windows 11→タスクバー Windows

Windows 11を使っている際に「タスクバーが突然に消えた」と言うトラブルが何度かありました。[タスクバーを自動的に隠す]はオフになっているので、おかしいと思いつつエクスプローラーを再起動したら表示されました。ちなみに、Windows 10でも同様の操作が可能です。

タスクバーが消える原因は?

Windows 11やWindows 10の画面下に表示されている[田(スタートボタン)]をはじめ[検索]や[アプリ]が表示されているバーをタスクバーと呼びます。

非表示になる原因としては、そもそもWindowsには古くから[タスクバーを自動的に隠す]と言う設定があるため、これがオンになっている可能性があります。これは「マウスカーソルをタスクバーの位置に移動」すれば表示されるほか、「設定をオフ」にすれば常時表示されるようになります。

または、何らかの理由によってエクスプローラーにトラブルが発生している可能性があります。この場合は、「エクスプローラーを再起動」すれば再表示される場合が多いです。

「タスクバーを自動的に隠す」をオフにするやり方

Windows 11

  1. 設定の[個人用設定]より【タスクバー】をクリックします。
    Windows 11→設定→個人用設定

  2. タスクバーの[タスクバーの動作]より【タスクバーを自動的に隠す】をオフにします。
    Windows 11→設定→個人用設定→タスクバー

Windows 10

  1. 設定より【個人用設定】をクリックします。
    Windows 10→設定

  2. 個人用設定の[タスクバー]より【デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す】【タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す】をオフにします。
    Windows 10→設定→個人用設定→タスクバー

エクスプローラーを再起動するやり方

Windowsを再起動してしまうのが一番簡単ですが、頻繁に行うようであればエクスプローラーだけ再起動すると良いでしょう。

再起動する手順は[タスクマネージャー]を使うやり方と[コマンドラインツール]を使うやり方があります。

Windowsでエクスプローラーだけを再起動する方法
「スタートボタンが開かない」「タスクバー/タスクトレイが反応しない」と言った場合、「エクスプローラーがフリーズしている」と言うことが多いので、再起動すると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。