当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Outlook for Windowsでメールにフィルタルールを設定する方法

メール Windows

Windows 11やWindows 10にプリインストールされていた[メール]アプリは、メールのフィルタ(ルール)機能が搭載されていませんでしたが、リニューアル後の【Outlook for Windows】にはルール機能が搭載されました。

ルールとは?

受信メールなどに対して「差出人が〇〇だったら、□□フォルダに移動する」と言ったような処理を「メールフィルタ」「フィルタ」「フィルタルール」などと呼びますが、Outlook for Windowsではこれをルールと呼んでいます。

もともとWindowsにプリインストールされている[メール]アプリは簡易的なもののようで機能も少ないですが、リニューアルされたOutlook for Windowsではいくつかの機能が追加されています。

現在、[メール]アプリを使用している場合には【Outlook for Windows】へ切り替える操作が必要です。

ルールの使いかた

新しいルールを追加する

  1. Outlookより【(歯車)】をクリックします。
    Windows 11→Outlook for Windows

  2. 設定の[メール]>[ルール]より【新しいルールを追加】をクリックします。
    Windows 11→Outlook for Windows→設定→メール→ルール

  3. ルールより[名前][条件][アクション][例外]を必要に応じて入力し【保存】をクリックします。
    このルールに当てはまった場合、他のルールを無視するには【以降のルールは処理しない】をチェックします。

    Windows 11→Outlook for Windows→設定→メール→ルール

ルールを操作する

  1. 設定の[メール]>[ルール]より(対象のアイコン)をクリックします。
    アイコン 説明
    ルールを今すぐ実行する
    順位を上げる
    順位を下げる
    編集
    削除

    Windows 11→Outlook for Windows→設定→メール→ルール

ルールの使いかたは以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。