当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsでファイル名を指定してアプリを実行する方法

デスクトップ Windows

Windowsには古くから【ファイル名を指定して実行】と呼ばれる機能があります。アプリケーションなどを手軽に起動できるので使いこなせるように覚えておくと便利です。Windows 10はもちろんWindows 11でも操作が可能です。

[ファイル名を指定して実行]とは?

表示されたウィンドウの入力欄に「コマンド」を入力することで、様々な処理を実行させることができる機能です。

Windows 7など古いバージョンではスタートメニューから操作することができましたが、Windows 10やWindows 11など比較的に新しいバージョンでは存在が無くなっています。

存在は無くなっていますが、ショートカットキーを使うことで機能を使うことができます。

[ファイル名を指定して実行]の使いかた

ウィンドウを開くやり方

  1. キーボードよりRを押下します。
    Windowsキーです。キーボードによって表記が異なる場合があります。

    Windows 10→スクリーンキーボード

  2. ファイル名を指定して実行より[名前]にコマンドを入力し【OK】をクリックします。
    Windows 11→ファイル名を指定して実行

コマンドの一例

[ファイル名を指定して実行]の使いかたは以上です。

キーボードだけでアプリケーションを実行することができるので、マウスに持ち替えることなく素早く操作することができるでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。