当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsでThunderbirdを移行する方法

Windows 10→Thunderbird→エクスポートツール Windows

Thunderbirdは[設定とデータのエクスポート(バックアップ)][設定とデータのインポート(復元)]ができるので、「古いパソコンから新しいパソコンへ移行する」と言ったことができます(エクスポートツール/インポートツール)。今回はWindows 10からWindows 11へ移行してみました。

エクスポートツール/インポートツールとは?

Thunderbirdには[設定とデータのエクスポート][設定とデータのインポート]が可能なエクスポートツールが搭載されています。

エクスポートツールでエクスポートとインポートを行うだけで簡単に設定とデータの移行ができます。ただし、エクスポートできるサイズには上限があるため、できない場合には「不要なデータを削除」または「手動で操作」する必要があります。

また、エクスポートしたデータを保存しておけばバックアップとしても使うことができるので、定期的に操作しておくと良いかもしれません。

インポート後にメールアカウントのパスワードを要求されることがあるので、用意しておくとスムーズでしょう。

ツールで操作するやり方

エクスポート

  1. Thunderbirdの[]>[ツール]より【設定とデータのエクスポート】をクリックします。
    Windows 10→Thunderbird→メニュー→ツール

  2. エクスポートより【エクスポート】をクリックします。
    Windows 10→Thunderbird→エクスポートツール

  3. ZIPファイルへのエクスポートより[ファイル名]を入力し【保存】をクリックします。
    Windows 11→名前を付けて保存

インポート

  1. Thunderbirdの[]>[ツール]より【設定とデータのインポート】をクリックします。
    Windows 10→Thunderbird→メニュー→ツール

  2. インポートツールより[ファイルからインポートする]を選択し【次へ】をクリックします。
    Windows 11→Thunderbird→インポートツール

  3. ファイルからインポートより[バックアップしたプロファイルをインポートする]を選択し【次へ】をクリックします。
    Windows 11→Thunderbird→インポートツール

  4. ZIPファイルの選択より[(エクスポートしたファイル)]を選択し【開く】をクリックします。
    Windows 11→ダイアログ→開く

  5. Thunderbirdプロファイルからのインポートより任意の項目をチェックし【次へ】をクリックします。
    Windows 11→Thunderbird→インポートツール

  6. Thunderbirdプロファイルからのインポートより内容に問題が無ければ【インポート開始】をクリックします。
    Windows 11→Thunderbird→インポートツール

ツールの使いかたは以上です。

手動で操作するやり方

エクスポート

  1. Thunderbirdの[]>[ツール]より【設定とデータのエクスポート】をクリックします。
    Windows 10→Thunderbird→メニュー→ツール

  2. エクスポートより【プロファイルフォルダーを開く】をクリックします。
    プロファイルフォルダーが開いたらThunderbirdは閉じておくとスムーズです。

    Windows 10→Thunderbird→エクスポートツール

  3. 開いたエクスプローラーより[すべて選択]>[コピー]を操作します。
    Windows 10→エクスプローラー→Thunderbird→プロファイル

  4. [任意の場所(USBメモリーなど)]に[任意の名前のフォルダー]を作成し[貼り付け]を操作します。
    [任意の場所]は移行先のパソコンからアクセスできる必要があります。[任意の名前のフォルダー]は[Thunderbird_profile_backup]などとしてくと良いでしょう。

    Windows 10→エクスプローラー

インポート

  1. Thunderbirdの[]>[ツール]より【設定とデータのインポート】をクリックします。
    Windows 10→Thunderbird→メニュー→ツール

  2. インポートツールより[別にインストールしたThunderbirdからインポートする]を選択し【次へ】をクリックします。
    Windows 11→Thunderbird→インポートツール

  3. Thunderbirdプロファイルからインポートより[プロファイルフォルダーを選択する]を選択し【次へ】をクリックします。
    Windows 11→Thunderbird→インポートツール

  4. 「プロファイルフォルダーを選択する」より[(エクスポートしたフォルダー)]を選択し【フォルダーの選択】をクリックします。
    Windows 11→ダイアログ→開く

  5. Thunderbirdプロファイルからのインポートより任意の項目をチェックし【次へ】をクリックします。
    Windows 11→Thunderbird→インポートツール

  6. Thunderbirdプロファイルからのインポートより内容に問題が無ければ【インポート開始】をクリックします。
    Windows 11→Thunderbird→インポートツール

手動で操作するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。