当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windows 11/10で従来の「Windows Media Player」を使う方法

Windows 11→Windows Media Player→DLNA Windows

動画を再生する際、Windows 11やWindows 10では[メディアプレイヤー(Grooveミュージック)][映画&テレビ]と言ったアプリが用意されていますが、従来の【Windows Media Player(Windows Media Player Legacy)】を使うこともできます。

Windows Media Playerをインストールするには?

Windows 11やWindows 10で動画を再生すると[メディアプレイヤー(Grooveミュージック)][映画&テレビ]と言ったアプリが起動するため、「Windows Media Playerはインストールされていない」「Windows Media Playerをインストールしないと使えない」と思われがちです。

しかし、Windows 11でもWindows 10でも[Windows Media Player]はプリインストール(プレインストール)されているので、改めてインストールする必要はありません。

ただ、Windows 11とWindows 10でも場所が異なるので注意が必要です。

Windows 11では[Grooveミュージック]の後継として[メディアプレイヤー]がリリースされたことにより、[Windows Media Player]がWindows Media Player Legacyと名前を変えました。ちなみに「Legacy」とは従来版と言った意味であり違いはありません。

Windows Media Playerを起動するやり方

Windows 11

  1. Windowsツールより【Windows Media Player Legacy】をダブルクリックします。
    Windows 11→コントロールパネル→Windowsツール

  2. Windows Media Player Legacy(Windowsメディアプレイヤー従来版)が起動します。
    Windows 11→Windows Media Player→DLNA

Windows 10

  1. すべてのアプリの[Windowsアクセサリ]より【Windows Media Player】をクリックします。
    Windows→スタートメニュー

  2. Windows Media Playerが起動します。
    Windows 10→Windows Media Player

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。