当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsにiPhoneの画面を表示する方法

デスクトップ Windows

iPhone/iPadなどiOSデバイスに搭載されている[AirPlay]とパソコンにインストールした[AirPlay Receiver]を使うことで、iPhone/iPadの画面をパソコンの画面へ表示することができるようになります。

AirPlayとは?

対応するレシーバー(受信機)に対し、iPhoneなどの「画面をミラーリングする」や「送信された[映像]や[音声]を受信し再生する」と言った機能をAirPlayと呼びます。

Apple TVなど専用のデバイスが必要と思われがちですが、パソコン用のソフトウェアであるAirPlay Receiverをインストールすることで、同様の機能を持たせることが可能です。

Windows用のアプリケーションは様々なものが提供されていますが、今回は[LonelyScreen]を使ってみます。

LonelyScreenをインストールするやり方

あらかじめインストールに必要な[インストーラー]をダウンロードしておきます。
サイト LonelyScreen
  1. ダウンロードした[インストーラー]を実行し表示内容に問題が無ければ【Install】をクリックします。
    Windows 10→インストール→AirPlay Receiver LonelyScreen

  2. インストール場所を確認し問題が無ければ【Next】をクリックします。
    Windows 10→インストール→AirPlay Receiver LonelyScreen

  3. AirPlay Receiverが起動します。
    画面に「Issue: LonelyScreen is blocked by your Windows firewall.」などと表示される場合は、Windowsファイヤーウォールを確認し必要に応じて操作します。

    Windows 10→AirPlay Receiver LonelyScreen

LonelyScreenをインストールするやり方は以上です。

AirPlayの使いかた

画面ミラーリングのやり方

  1. コントロールセンターより【(画面ミラーリングアイコン)】を選択します。
    iPhone→iOS15→コントロールセンター

  2. 画面ミラーリングより【(対象のデバイス)】を選択します。
    元に戻す場合は【ミラーリングを停止】を選択します。

    iPhone→iOS16→コントロールセンター→画面ミラーリング

再生中のコンテンツを表示するやり方

  1. 動画などを再生します。

    iPhoneアプリ→Safari→Youtube→再生中

  2. コントロールセンターより【(AirPlayアイコン)】を選択します。
    AirPlayアイコンは画像の[再生停止中]の右上にあるアイコンです。

    iPhone→iOS15→コントロールセンター

  3. 再生中の[スピーカーとテレビ]より【(対象のデバイス)】を選択します。
    元に戻す場合は【(元のデバイス)】を選択します。

    iPhone→コントロールセンター→再生中

AirPlayの使いかたは以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。