当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsでアプリを開かずにファイルの中身を閲覧する方法

デスクトップ Windows

Windows 10の[PowerToys]には、macOSで言うところの[Quick Look]の機能があります。これは「アプリを開かずにファイルの中身を閲覧できる」と言う機能であり【ピーク】と呼ばれています。

Quick Lookとは?

Appleのパソコン[Mac]のmacOSに搭載されている機能で、アプリを開くことなくファイルの中身を閲覧することができます。

パソコン上に保存されているファイルは、対応するアプリ(ソフトウェア)を起動しなくては閲覧することはできませんが、アプリによっては起動に時間がかかりイライラとすることも多いです。そのため、アプリを起動することなく中身の閲覧ができるのは非常に便利です。

Windows 10Windows 10では[PowerToys]に同様のピークと言う機能が搭載されています。

ピークを設定するやり方

  1. PowerToysを起動します。
    WindowsにPowerToysをインストールする方法
    MicrosoftはWindows向けにユーティリティアプリケーション[PowerToys]を提供しています。Windowsの機能を強化するものなので、便利に使えるかもしれません。
  2. PowerToysの[プレビュー]より【プレビューを有効にする】のオン/オフを切り替えます。
    Windows 10→PowerToys→プレビュー

  3. プレビューの[アクティブ化のショートカット]より【(ペン)】をクリックします。
    Windows 10→PowerToys→プレビュー

  4. アクティブ化のショートカットより[(対象のキー)]を押下し【保存】をクリックします。
    / Ctrl / Alt / Shiftとの組み合わせのみ可能です。無効なショートカットなどと表示される場合は見直してみてください。

    Windows 10→PowerToys→プレビュー→アクティブ化のショートカット

ピークを設定するやり方は以上です。

ピークの使いかた

  1. 対象のファイルを選択します。
    Windows 10→エクスプローラー

  2. アクティブ化のショートカットを押下します(デフォルトはCtrl(Space))。
    Windows 10→ピーク

ピークの使いかたは以上です。

デフォルトではショートカットがCtrl(Space)なので、競合する場合は変更したほうが良いでしょう。

Microsoft IMEのオン/オフ切り替えをCtrl+Spaceキーで行う方法
Windowsにプリインストールされている[Microsoft IME(日本語入力ソフト)]は[全角/半角]キーを押下することでオン/オフ切り替えを行いますが、これを[CTRL+SPACE]キーへ変更することができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。