当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsでWebブラウザのブックマークをSafariと同期する方法

デスクトップ Windows

iPhone / iPadとWindowsパソコンなど別OSであっても、同じWebブラウザを使えば[ブックマーク(お気に入り)]の同期を行うことが可能ですが、どうしても「Safariを使いたい」と言った場合には、iCloudを介してFirefoxやChromeなどと同期することができます。

ブラウザの同期

ChromeやFirefoxなどのWebブラウザは、同じブラウザ間であれば異なるデバイス(異なるOS)であってもブックマークなどの同期が可能です。このため、各デバイスで使用するWebブラウザを合わせると使い勝手が良いです。

しかし、「仕事用」「プライベート用」や「iPhoneはSafariブラウザ」「WindowsはEdge」などのようにWebブラウザを使い分けている場合には、iCloudを介することで「SafariとChrome」「SafariとFirefox」と言った別のWebブラウザ間でブックマークの同期をすることが可能です。

この機能を利用するには、事前にWindows版iCloudアプリのダウンロード&インストールが必要です。

WindowsにiCloudアプリをインストールし同期する方法
iPhoneを使用する為にApple IDを作成すると “iCloud” と呼ばれるクラウドサービスを利用することができます。このiCloudは、Windowsアプリ版が用意されており、インストールすることで連係して使うことができます。

ブックマークを同期するやり方

  1. iCloudアプリより【ブックマーク】にチェックします。
    Windows 10アプリ→iCloud

  2. ブックマークの(任意のWebブラウザ)より【拡張機能をインストール】をクリックします。
    Windows 10アプリ→iCloud

  3. 拡張機能の確認に問題が無ければダウンロードをクリックします。
    Windows 10アプリ→iCloud→ブックマーク

  4. 各ブラウザより拡張機能をダウンロード&インストールします。
    Windows 10→Chromeブラウザ→拡張機能→iCloudブックマーク

ブックマークを同期するやり方は以上です。

上手く同期されない場合は、「しばらく待つ」「拡張機能の設定を確認する」「Webブラウザを再起動する」などを試してみると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。