当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsにiCloudアプリをインストールし同期する方法

デスクトップ Windows

iPhoneを使用する為にApple IDを作成すると “iCloud” と呼ばれるクラウドサービスを利用することができます。このiCloudは、Windowsアプリ版が用意されており、インストールすることで連係して使うことができます。

iCloudアプリでできること

クラウドサービスであるCloudはメールサービスはもちろん、オンラインストレージを使うことができます。

例えば、iPhoneなどで撮影された “写真(画像)” や “動画” などが自動的にアップロードされ、iCloudをインストールしたパソコンへダウンロードされます。また、逆にパソコンからiPhoneなどへ “写真(画像)” や “動画” をアップロードすることも可能です。

このため、iPhone / iPadWindowsパソコンを所有している場合には、インストールし設定を済ませておくとスマートなデータのやり取りが可能になります。

iCloudアプリをインストールするやり方

  1. Microsoft Storeより “iCloud” を検索し『入手』をクリックするとダウンロード&インストールが行われます。

    Windows 10→Microsoft Store

  2. スタートメニューなどから起動できます。
    スタートメニューは『Windowsロゴ』をクリックすることで表示できます。初回起動時のみサインインが必要です。

    Windows 10アプリ→iCloud

iCloudアプリをインストールするやり方は以上です。

iCloudアプリの使いかた

サインインするやり方

  1. アプリを起動し “Apple ID” でサインインします。

    Windows 10アプリ→iCloud→サインイン

  2. iCloudアプリが表示されます。

    Windows 10アプリ→iCloud

Apple IDでサインインするやり方は以上です。

同期するやり方

  1. iCloudアプリより『(同期する項目)』にチェックします。

    Windows 10アプリ→iCloud

  2. iCloud Driveは以下の場所に同期されます。
    C:\Users\(ユーザー名)\iCloudDrive
    

iCloudアプリの使いかたは以上です。

同期するには iPhone / iPad の設定も必要です。

iPhoneのデータをiCloudに同期する方法
iPhoneでは[iCloud]と呼ばれるクラウドサービスを利用することができ、[連絡先]や[カレンダー]などのデータを自動的にアップロードして同期することができます。また、項目ごとにオン/オフは切り替えることができるので、取捨選択すると良...

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。