当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Galaxyの充電を85%で止める方法

Androidスマートフォン Android

一般的なAndroidスマートフォンには[アダプティブ充電]と呼ばれる機能がありますが、Galaxyには「最大充電量を85%に制限する」と言う機能が搭載されています。

85%に制限する理由とは?

リチウムイオン電池は「フル充電の状態にしておくと劣化する」と言われており、充電が完了したらすぐに停止するのが推奨されています。このため、ノートパソコン等、電源に接続したまま使うことが多いデバイスでは古くから「80%制限」の仕組みが取り入られている機種が多いです。

Androidスマートフォンの場合、一般的にはアダプティブ充電によってフル充電の時間が短くなるように充電時間が調整されますが、Galaxyでは85%で充電を停止する機能【バッテリーを保護】が搭載されています。

もちろん「充電したまま使う」ことは推奨しませんし、85%であることから100%よりも利用時間も少なくなってしまいますが、少しでもバッテリーの劣化を抑えたい場合はオンにしておくと良いでしょう。

「バッテリーを保護」のやり方

  1. 設定より【バッテリー】をタップします。
    Galaxy→設定

  2. バッテリーより【バッテリーを保護】をオンにします。
    Galaxy→設定→バッテリー

「バッテリーを保護」のやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。