当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホで意図的に「速度制限」する方法

Androidスマートフォン Android

昨今ではデータ通信量(通称「ギガ」)を使いすぎると速度制限がかかることがありますが、「回線速度128kbpsや300kbpsってどのくらいの速さ?」と思うかもしれません。Androidスマートフォンでは意図的に通信速度を制限できるので、体感してみると「どれくらい遅いのか?」「どうなるのか?(YouTubeやLINE通話は快適?)」などが分かるかもしれません。

速度制限のスピードとは?

キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルなど)や格安SIMなどでは、契約プランに定められた一定のデータ通信量(通称「ギガ」)を使い切ると、通信速度が極端に低下するようになっていることがあり、これを速度制限通信制限などと呼びます。

速度制限のスピードは一般的に128kbpsが多く、契約プランによっては300kbps、早い方だと1Mbpsなどがあります。

Androidスマートフォンでは、開発者向けにネットワークダウンロード速度制限を設定することができるようになっており、[128kbps]や[256kbps]などを選択して制限することができます。

ネットワークダウンロード速度制限を選択するやり方

  1. 設定より【システム】>【開発者向けオプション】をタップします。
    Pixel→Android 13→設定

  2. 開発者向けオプションより【ネットワークダウンロード速度制限】をタップします。
    中ほどにありますが、数が多いので検索をオススメします。

    Pixel→設定→システム→開発者向けオプション

  3. ネットワークダウンロード速度制限より【128kbps】【256kbps】【1Mbps】【5Mbps】【15Mbps】などを選択します。
    元に戻す場合は【制限なし】を選択します。

    Pixel→設定→システム→開発者向けオプション→ネットワークダウンロード速度制限

ネットワークダウンロード速度制限を選択するやり方は以上です。

動作確認としてスピードテストしてみると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。