当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

YouTubeのデータを節約する方法

Androidスマートフォン Android

データ通信の中でも[動画]は容量が大きくなりがちです。モバイル通信(モバイルデータ通信)でYouTubeを視聴する際に、できるだけ節約したい場合には【データの節約(データセーバー)】を設定すると良いでしょう。

データの節約とは?

動画の容量は画質によって大きく変わります。

画質とはHD(1280×720)/フルHD(1920×1080)/4K(3840×2160)などを指し、数字が大きいほど「画質が高い」、数値が小さいほど「画質が低い」と言います。

動画のデータ量を節約するには主に「画質を下げる」と言うことをすればよく、YouTubeでは「モバイル通信(モバイルデータ通信)のみ画質を下げる」と言うデータセーバー機能を使うことができます。

データセーバーを設定するやり方

  1. YouTubeアプリより【自分】をタップします。
    Androidアプリ→YouTube→ホーム

  2. アカウントより【(歯車)】をタップします。
    Androidアプリ→YouTube→アカウント

  3. 設定より【データの節約】をタップします。
    全般】【動画の画質設定】からでも同様の設定ができます。

    Androidアプリ→YouTube→アカウント→設定

  4. データの節約より【データ節約モード】をオンにするか【動画の画質を下げる】【Wi-Fi接続時のみアップロード】【Wi-Fi接続時のみフィードのミュート再生】を個別にオンにします。
    Androidアプリ→YouTube→アカウント→設定→データの節約

データセーバーを設定するやり方は以上です。

Android
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。