当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのカメラでセルフタイマーを使う方法

iPhone iPhone

集合写真を撮る際に便利な “セルフタイマー” の機能はiPhoneの標準カメラアプリにも搭載されています。このセルフタイマーは秒数を選択することで便利な使いかたができます。

セルフタイマーとは?

カメラはシャッターボタンを押下することで写真を撮影することができますが、シャッターボタンを押下した瞬間ではなく数秒の間隔をあけて撮影する機能をセルフタイマーと呼びます。

複数人で写真を撮る際、カメラを三脚などに固定してセルフタイマーを使うことで撮影者も同じ写真に写ることができるため、集合写真を撮る際に使われることが多い機能ですが、撮影までの間隔を短くすれば手ぶれ防止などの用途でも使うことができます。

iPhoneにプリインストールされている標準カメラアプリでは、撮影までの秒数を選択することができるので用途に合わせて設定すると便利かもしれません。

セルフタイマーを設定するやり方

  1. カメラアプリより『Λ』をタップします。

    iPhoneアプリ→カメラ

  2. メニューより『(セルフタイマーアイコン)』をタップします。
    右から2番目のアイコンです。

    iPhoneアプリ→カメラ→メニュー

  3. セルフタイマーより『タイマーオフ』『3秒』『10秒』を選択します。

    iPhoneアプリ→カメラ→メニュー→セルフタイマー

セルフタイマーを設定するやり方は以上です。

通常と同様に写真を撮ると設定した秒数のカウントダウンが始まります。また、セルフタイマーを使うと自動的にバーストモードとなり、10枚程度の写真(画像)が撮影されます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。