当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneで画面上の二次元コードをスキャンする方法

iPhone iPhone

二次元コードは「カメラでスキャンする」と言うのが一般的ですが、写真アプリなど内部ストレージに保存した「二次元コードの画像からスキャンする」と言うこともできます。

二次元コードをスキャンするには?

「紙に印刷」「ディスプレイに表示」されている二次元コードをカメラを使ってスキャンするのが一般的です。

そのため、「メールやメッセージで送られてきた」「インターネット上からスクリーンショットなどで保存した」など内部ストレージに保存されている二次元コードは、それを別デバイスで表示させる必要があると思う人も少なくないかもしれません。

しかし、主に画像ファイルとして扱われる二次元コードのデータを、写真アプリから読み込んで「二次元コードをスキャンする」と言うことができます。これには、iPhoneのテキスト認識表示の機能を用います。

画像からスキャンするやり方

  1. [テキスト認識表示]をオンにします。
    初回のみで2回目以降は必要ありません。
    iPhoneで「画像の文字」や「カメラを向けたもの」をコピペする方法
    メモ代わりに「カメラで撮影する」と言う人は少なくないかもしれません。撮影した写真(画像)などに写っている[電話番号]や[URL]と言った【文字列(テキスト)】をiPhoneに手入力すると入力ミスなどのリスクがありますが、コピー&ペーストする...
  2. 写真アプリより対象の画像を表示し【Live Textアイコン】をタップします。
    Live Textアイコンは、画角の右下にある【□に三】のアイコンです。元に戻す場合はもう一度タップします。

    iPhoneアプリ→写真→二次元コード→Live Text

  3. 対象が認識されたら【二次元コード】をタップします。

    iPhoneアプリ→写真→二次元コード→Live Text

  4. メニューより操作します。

    iPhoneアプリ→写真→二次元コード→Live Text

画像からスキャンするやり方は以上です。

ちなみに、iPhoneでは「カメラで二次元コードをスキャンする」と言うことは、標準のカメラアプリで可能です。

iPhoneのカメラで二次元コードを読み込む方法
スマートフォンのカメラで[二次元コード]を読み込む際には別途のアプリが必要となる場合がありますが、iPhoneではデフォルトのカメラアプリが標準で二次元コードの読み込みに対応しています。
iPhone
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。