当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneで「画像の文字」や「カメラを向けたもの」をコピペする方法

iPhone iPhone

メモ代わりに「カメラで撮影する」と言う人は少なくないかもしれません。撮影した写真(画像)などに写っている[電話番号]や[URL]と言った【文字列(テキスト)】をiPhoneに手入力すると入力ミスなどのリスクがありますが、コピー&ペーストすると間違いが少なくなるでしょう(Live Text)。また、撮影せずに操作することもできます。

Live Textとは?

iOS15から搭載された「テキスト認識表示」の機能をLive Textと呼びます。

Live Textは、「写真(画像)に写っているもの」や「カメラを向けたもの」を「自動的に文字列と認識する」「コピー&ペーストする」「翻訳する」と言ったことができるようになります。

Live Textを使用するには設定よりオンにする必要があります。

Live Textを設定するやり方

テキスト認識表示

  1. 設定より【一般】をタップします。
    iPhone→設定

  2. 一般より【言語と地域】をタップします。
    iPhone→設定→一般

  3. 言語と地域より【テキスト認識表示】をオンに切り替えます。
    iPhone→設定→一般→言語と地域

検出されたテキストを表示

  1. 設定より【カメラ】をタップします。
    iPhone→設定

  2. カメラより【検出されたテキストを表示】のオン/オフを切り替えます。
    iPhone→設定→カメラ

Live Textを設定するやり方は以上です。

Live Textの使いかた

画像からコピペする

  1. 写真アプリより【(対象の画像)】を選択します。
    iPhoneアプリ→写真→ライブラリ

  2. 対象の画像より【Live Textアイコン】をタップします。
    Live Textアイコンは、画角の右下にある[□]に[三]のアイコンです。

    iPhoneアプリ→写真→Live Text

  3. テキストを自動的に認識し表示されるので、通常のテキストと同様に選択し【コピー】【すべてを選択】【調べる】【翻訳】などをタップします。
    iPhoneアプリ→写真→Live Text

カメラでコピペするやり方

  1. カメラアプリより被写体を画角に収め【Live Textアイコン】をタップします。
    Live Textアイコンは、画角の右下にある[□]に[三]のアイコンです。
    被写体をタップすると認識されやすいです。

    iPhoneアプリ→カメラ→Live Text

  2. テキストを自動的に認識し表示されるので、通常のテキストと同様に選択し【コピー】【すべてを選択】【調べる】【翻訳】などをタップします。
    iPhoneアプリ→カメラ→Live Text

Live Textの使いかたは以上です。

印字された文字だけでなく人の手書き文字でも読み込むことができますが、読み込まれたデータを注意深くチェックすることを忘れないようにしてください。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。