当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneでHandoffを設定する方法

iPhone iPhone

iPhoneをはじめiPadなどのApple製デバイスには[Handoff]と呼ばれる連係機能があり、同じApple IDを使うことで作業内容を共有することができるようになります。

Handoffとは?

iPhoneやiPadをはじめMacBookなどAppleのデバイスでは、同じApple IDを設定したデバイス同時を連係させる機能が搭載されており、これをHandoffと呼びます。

連係されるのはデータだけでなく操作も含まれ「MacBookで行っていた作業をiPadに引き継ぐ」「iPhoneで見ていたWebサイトをiPadの大きな画面で見る」と言ったことができます。

Handoffを使用するためには、各デバイスの機能をオンにするだけでなく次の条件を満たす必要があります。

  • 同じApple IDでログインする。
  • Bluetoothをオンにする。
  • Wi-Fiをオンにする。
  • 各デバイスが近くにある。
MacでHandoffを設定する方法
MacなどのApple製デバイスには[Handoff]と呼ばれる連係機能があり、同じApple IDを使うことで作業内容を共有することができるようになります。

Handoffを変更するやり方

iPhoneを例としますがiPadでも同様です。
  1. 設定より【一般】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定

  2. 一般より【AirPlayとHandoff】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定→一般

  3. AirPlayとHandoffより【Handoff】のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→iOS16→設定→一般→AirPlayとHandoff

Handoffを変更するやり方は以上です。

Handoffの使いかた

iPad→ドック→Handoffアイコン

例えば、iPhoneのWebブラウザ[Safari]でWebサイトを閲覧中にiPadで続きを閲覧したい場合、Handoffが有効になっているとiPadのSafariアプリアイコンにスマートフォンバッチ(小さなアイコン)が表示され、連係されたWebサイトを引き継いで閲覧できるようになります。

この時、iPhone側のアプリを閉じてしまうと、iPad側のバッチも消えてしまうので注意してください。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。