当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneアプリをロックする方法

iPhone iPhone

iPhoneでは本体に[パスコード]をはじめ[Face ID][Touch ID]などで画面ロックをすることができますが、ロック解除された状態で他人の手に渡ってしまった場合を考え、【設定】【写真】【連絡先】などアプリごとに「起動したら画面ロックする」と設定しておくと安心かもしれません。

iPhoneアプリをロックするアプリ

iPhoneを自分一人で使用しているなら問題は無いですが、画面ロックを解除した状態で「子どもに使わせる」「友人へ一時的に渡す」「紛失・盗難にあった」と言った場合には、操作されたくないアプリがあるかもしれません。

パスワードなどを設定できるアプリもありますが、そうでない一般的なアプリはタップするだけで起動できてしまうので、アプリの起動をロックするアプリを使うと良いでしょう。

iPhoneでは別途にアプリをダウンロード&インストールしなくとも、ショートカットアプリのオートメーション機能を使って「起動したら画面ロックする」と言うことができます。

オートメーションを作成するやり方

トリガーを選択する

  1. ショートカットアプリの[オートメーション]より【+】をタップします。
    初めてオートメーションを作成する場合は【新規オートメーション】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション

  2. 個人用オートメーションより【アプリ】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→トリガー

  3. アプリより[(任意のアプリ)][開いている][すぐに実行]を選択し【次へ】をタップします。
    アプリは複数選択が可能です。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→トリガー→アプリ

  4. [開始]より【新規の空のオートメーション】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→個人用オートメーション→選択

アクションを選択する

  1. アクションより【アクションを追加】を選択します。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  2. アクションの[スクリプティング]より【ロック画面】を選択します。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  3. 内容を確認し【完了】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→アプリにロックをかける

オートメーションを作成するやり方は以上です。

実際に使ってみた

  1. 選択したアプリをタップします。
    iPhone→ホーム画面

  2. ロック画面が表示されるので[Face ID]や[Touch ID]または[パスコード]を使って解除します。
    iPhone→ロック画面

  3. アプリが起動します。
    iPhone→設定

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。