当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ChromeOS FlexでLinuxを使う方法

ChromeOS Flex→ターミナル Linux

ChromeOS FlexではAndroidアプリが使えないので、代わりにLinuxアプリを使えるようにすれば「できること」の幅が広がるかもしれません。

Linuxとは?

大雑把に言えばWindowsなどと同様にOSの1つで、ChromeOSやAndroid OSもLinuxがベースとなっています。

ChromeOS Flexでは、設定よりオン/オフを切り替えるだけで、Linuxを使えるようにすることができます。Linuxには様々なアプリケーションがあるので、それらをインストールすれば色々なことができるようになります。

ただし、扱うには多少なりともLinuxの知識が必要となるので注意してください。

Linux開発環境をセットアップするやり方

  1. 画面の左下にある【(ランチャーボタン)】をクリックします。
    ChromeOS Flex

  2. ランチャーより【設定】をクリックします。
    ChromeOS Flex→ランチャー

  3. 設定の[詳細設定]>[デベロッパー]>[Linux開発環境]より【オンにする】をクリックします。
    ChromeOS Flex→設定→詳細設定→デベロッパー

  4. [Linux開発環境をセットアップする]より画面の指示に従って操作します。
    ChromeOS Flex→設定→詳細設定→デベロッパー→Linux開発環境をセットアップする

Linux開発環境をセットアップするやり方は以上です。

アプリをインストールするやり方

  1. 画面の左下にある【(ランチャーボタン)】をクリックします。
    ChromeOS Flex

  2. ランチャーより【ターミナル】をクリックします。
    ChromeOS Flex→ランチャー

  3. ターミナルより以下のコマンドを実行します。
    sudo apt-get update && sudo apt-get dist-upgrade
    
    sudo apt-get install (アプリ名)
    

    ChromeOS Flex→ターミナル

アプリをインストールするやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。