当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Ubuntuでzip圧縮・展開する方法

Ubuntu→圧縮 Linux

Ubuntuでファイルを圧縮するとデフォルトでは「~.tar.gz」となりますが、Windowsなどとファイルのやり取りをする場合などには「~.zip」の方が使い勝手が良いでしょう。

圧縮と展開とは?

「複数ファイルを1つのファイルにする」のに加えて「ファイルサイズを小さくする」「パスワードを設定する」などの処理を圧縮と呼びます。逆に圧縮されたファイルを元に戻す処理を展開と呼びます。

圧縮には様々な形式が存在しており、代表的なものにZIPやLZHなどがあります。LZHは日本で開発されたこともあり以前は利用者も多かったですが、悪意を持ったユーザーによる不正利用の懸念が高まり昨今ではZIPの方が一般的となっています。

UbuntuなどのLinuxでは「~.zip」では無く「~.tar.gz」が使われることが多いですが、もちろんZIPを扱うこともできます。

「展開」を「解凍」と呼ぶ人も居ますが意味は同じです。ただし、比較的に古い言い方なので「展開」の方が適切でしょう。

圧縮するやり方

デスクトップなど

  1. 対象のファイルを選択し右クリックします。
    複数選択も可能です。

    Ubuntu→ファイル→選択

  2. コンテキストメニューより【〇個のファイルを圧縮】を選択します。
    Ubuntu→ファイル→選択→コンテキストメニュー

  3. 圧縮より[ファイル名]に【.zip】を選択し作成をクリックします。
    [その他のオプション]より【パスワード】を設定できます。

    Ubuntu→圧縮

端末(ターミナル)

  1. 端末より以下のコマンドを実行します。
    コマンド 意味
    zip [ファイル名].zip [ファイルパス] ファイルを圧縮
    zip -e [ファイル名].zip [ファイルパス] ファイルをパスワード付きで圧縮

    例えば

    zip -e archive.zip test1.txt test2.txt test3.txt
    
  2. パスワード付きの場合は【パスワード】を入力します(2回)。
    Enter password:
    Verify password:
    

圧縮するやり方は以上です。

展開するやり方

デスクトップなど

  1. 対象のファイルを選択し右クリックします。
    Ubuntu→ファイル→圧縮ファイル

  2. コンテキストメニューより【ここで展開】を選択します。
    Ubuntu→ファイル→圧縮ファイル→コンテキストメニュー

端末(ターミナル)

  1. 端末より以下のコマンドを実行します。
    unzip [ファイルパス]
    

    例えば

    unzip archive.zip
    
  2. パスワード付きの場合は【パスワード】を入力します。
    ~ password:
    

展開するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。