当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Ubuntuで機内モードを使う方法

Ubuntu→デスクトップ→ステータスバー→機内モード Linux

昨今のパソコンには[Wi-Fi]や[Bluetooth]と言った電波を発する機器が搭載されていますが、利用が許可されていない場所も多々あるので電波を発しない機内モードを活用すると良いでしょう。Ubuntuでは【設定】や【ステータスバー】から操作できます。

機内モードとは?

Wi-FiをはじめBluetoothなどのワイヤレス通信を一括でオフにできる機能を機内モードと呼びます。

その名のとおり、もともとは飛行機など電波を発してはいけないような場所に持ち込む際に設定するモードです。昨今では飛行機の機内でもWi-Fiが使えたりするので、名称に違和感があるかもしれません。

Ubuntuの場合、「機内モードをオンにする」は設定より操作しますが、「機内モードをオフにする」は設定に加えてステータスバーからも操作できます。

機内モードを切り替えるやり方

オンにする

  1. 画面左下の【】をクリックします。
    Ubuntu→デスクトップ

  2. アプリケーション一覧より【(歯車)】をクリックします。
    画面の左右をクリックするとページ遷移できます。

    Ubuntu→アプリケーション

  3. 設定の[Wi-Fi]より【機内モード】をオンにします。
    Ubuntu→設定→Wi-Fi→機内モード

オフにする

前述した[オンにする]でも同様の操作でオフに切り替えることができますが、ステータスバーからも操作可能です。
  1. ステータスバーより【(飛行機)】をクリックします。
    Ubuntu→ステータスバー→機内モード

  2. メニューの[機内モードオン]より【オフにする】をクリックします。
    Ubuntu→ステータスバー→機内モード→メニュー

機内モードを切り替えるやり方は以上です。

機内モードがオフにできない?

Panasonicが販売しているLet’s NOTE(レッツノート)などは、機内モードと同様の機能を持つ物理スイッチ(WIRELESS)が本体に備わっており、「スイッチをオフにする」と「機内モードがオンになる」と言う場合があります。

Let's note CF-NZ2→ワイヤレススイッチ

このような場合は物理スイッチが優先されるため、画面上でオン/オフを切り替えたい場合には「通信できる状態」にしておくのが良いでしょう。ちなみに、Let’s NOTEの場合は「物理スイッチをオン」にします。

これは画面上における機内モードのオン/オフと挙動が逆となるので注意してください。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。