当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ノートパソコンを閉じてもUbuntuをスリープ状態にしない方法

プログラム Linux

ノートパソコンでは、カバー(ディスプレイ)を閉じるとスリープ状態に移行するように設定されていることが多いですが、LinuxのUbuntuでは電源オンのまま処理を続行させることが可能です。

長時間の処理をさせたい

ノートパソコンで、動画のエンコードなど長時間に渡る処理を実行しているときに、うっかりカバー(ディスプレイ)を閉じてしまうと、スリープ状態に移行して処理が止まってしまう事があります。また、ノートパソコンのディスプレイには電源が無いので「省エネの為にディスプレイだけでも切りたい」と言ったこともできません。

そのため、ノートパソコンのカバー(ディスプレイ)を閉じてもスリープに移行しないように設定しておくと、省エネにつながることはもちろん、誤って停止させてしまう事も無くなるのでオススメです。

ちなみに、多くのノートパソコンではカバー(ディスプレイ)を閉じるとディスプレイの電源が切れるようにできています。

カバーを閉じた時の動作を変更するやり方

  1. 端末(ターミナル)より【logind.conf】を開きます。
    sudo nano /etc/systemd/logind.conf
    
  2. logind.confより[HandleLidSwitch]の行を【ignore】に変更します。
    先頭に[#]がある行は無視されるので[#]を取り除いて編集するか以下のように追記します。
    保存する場合はCtrlOキー、終了する場合はCtrlXキーを押下します。
    #HandleLidSwitch=suspend
    HandleLidSwitch=ignore
    
  3. 変更を反映させるため、以下のコマンドを実行します。
    sudo systemctl restart systemd-logind
    

カバーを閉じた時の動作を変更するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。