当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Ubuntuで日本語を入力する方法

Ubuntu→Mozcの設定 Linux

Ubuntuで文字入力する際、日本語を入力するのに戸惑うかもしれません。正攻法では画面上部のバーよりマウス操作で切り替えることができますが、設定を変更することでWindowsやMacなどと同様にキーボードショートカットで切り替えることができるようになります。

Ubuntuの日本語入力アプリとは?

UbuntuではIME(日本語インプットメソッドエディタ)としてMozcがプリインストールされています。

ただ、デフォルトでは[別のIME]が選択されていることがあるので[Mozc]を選択し直す必要があります。加えて、入力モードがデフォルトで[直接入力(半角英数字)]が選択されていることがあるので[ひらがな]などを選択し直す必要があります。

このように少し複雑になっているので注意してください。

入力モードを切り替えるやり方

  1. 画面の右上より【ja】【A】【あ】などをクリックします。
    環境によって表示される項目が異なります。

    Ubuntu→ステータスバー

  2. メニューより【日本語(Mozc)】を選択します。
    Ubuntu→ステータスバー→IME

  3. メニューの[入力モード]より【ひらがな】などを選択します。
    Ubuntu→ステータスバー→IME→入力モード

入力モードを切り替えるやり方は以上です。

マウス操作だけでなくショートカットキーで切り替えることもでき、デフォルトでは半角/全角キーで切り替えできるようになっているハズですが、任意のショートカットキーに変更することができます。

ショートカットキーで切り替えるやり方

「Mozcの設定」をインストール

  1. 端末(ターミナル)より以下のコマンドを実行します。
    sudo apt install -y mozc-utils-gui
    
  2. 画面左下の【】をクリックします。
    Ubuntu→デスクトップ

  3. アプリケーション一覧より【Mozcの設定】をクリックします。
    画面の左右をクリックするとページ遷移できます。

    Ubuntu→アプリケーション

  4. Mozcの設定が開きます。
    Ubuntu→Mozcの設定

キー設定を変更する

ショートカットキーはCtrl+Spaceキーを例とします。他のショートカットキーを使う場合には置き換えてください。
  1. Mozcの設定の[一般]>[キー設定]>[キー設定の選択]より【編集】をクリックします。
    Ubuntu→Mozcの設定

  2. Mozcキー設定の[入力キー]より【Ctrl Space】をゆっくり3回クリックします。
    ショートカットキーが競合しないようにするための措置です。

    Ubuntu→Mozcの設定→Mozcキー設定

  3. Mozcキーバインディング設定より[割り当てるキーの入力]を入力し【OK】をクリックします。
    [割り当てるキーの入力]をマウスカーソルで選択し、キーボードより対象のキーを押下します。

    Ubuntu→Mozcの設定→Mozcキー設定→Mozcキーバインディング設定

  4. Mozcキー設定の[入力キー]より【Hankaku/Zenkaku】をゆっくり3回クリックします。
    複数あるので全てに同じ操作を行います。

    Ubuntu→Mozcの設定→Mozcキー設定

  5. Mozcキーバインディング設定より[割り当てるキーの入力]を入力し【OK】をクリックします。
    今回は【Ctrl Space】を入力します。

    Ubuntu→Mozcの設定→Mozcキー設定→Mozcキーバインディング設定

ショートカットキーで切り替えるやり方は以上です。