当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
Macで「USBメモリー」を暗号化する方法

Macで「USBメモリー」を暗号化する方法

Blueskyロゴ Pocketロゴ  はてなブックマークロゴ

USBメモリーに大切なデータを保存する場合、データを暗号化しておくと安心です。Macではフォーマット時のファイルシステムに[暗号化]を選択すれば良いので別途にアプリをダウンロード&インストールしなくても外部ストレージをパスワードで保護することが可能です。

暗号化ファイルシステム

ファイルシステムとはFAT32やAPFS(Apple File System)などがあり、「ファイルを保存するための方法」を指します。

Macでストレージをフォーマットする際に、ファイルシステムにAPFS(暗号化)など「暗号化に対応したファイルシステム」を選択すれば、ストレージをパスワードで保護することができます。

ただし、暗号化されたストレージは環境によっては使えないこともあるので、その場合は専用のUSBメモリーも検討したほうが良いでしょう。

画像なし
アイ・オー・データ パスワードボタン付き セキュリティUSBメモリー ED-HB3
 

フォーマットするやり方

保存されているデータが全て削除されるので注意してください。

暗号化する

  1. Launchpadの[その他]より【ディスクユーティリティ】を起動します。
    Mac→Launchpad

  2. ディスクユーティリティより[対象のストレージ]を選択し【消去】をクリックします。
    Mac→ディスクユーティリティ

  3. 「〇〇を消去しますか?」の[フォーマット]より【APFS(暗号化)】を選択します。
    Mac→ディスクユーティリティ→消去

  4. 設定する[パスワード]を入力し【選択】をクリックします。
    Mac→ディスクユーティリティ→消去

  5. 「〇〇を消去しますか?」に戻り、以下を選択してから【消去】をクリックします。
    項目
    名前 (任意)
    フォーマット APFS(暗号化)
    方式 GUIDパーティションマップ

    Mac→ディスクユーティリティ→消去

  6. 消去プロセスが完了したら【完了】をクリックします。
    Mac→ディスクユーティリティ→消去

暗号化するやり方は以上です。

ロックを解除する

  1. 対象のUSBメモリーを接続し[パスワード]を入力してから【ロックを解除】をクリックします。
    Mac→USBメモリ→APFS(暗号化)

  2. Finderなどで開きます。
    Mac→Finder→コンピュータ

ロックを解除するやり方は以上です。