当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneで1つのアプリしか使えないようにする方法

iPhone iPhone

iPhoneでは「1つのアプリしか使えないよう制限する」ことができる【アクセスガイド】と言う機能があり、「専用デバイスにする」「誤作動を防止する」と言ったことができます。これは【キオスクモード】などと呼ばれることがあります。

キオスクモードとは?

iPhoneのように[アプリ]や[周辺機器]によって様々な役割を果たすデバイスを汎用機などと呼びます。

様々なことができるのは便利な反面、「特定の機能だけを使う専用機にしたい」と言う場面も少なくないかもしれません。また、子供や友人などに操作させる際に「指定したアプリ以外を操作されたくない(誤操作防止)」と言う場合もあるでしょう。

このため、汎用機には「解除するまで任意のアプリを表示したままにする」と言う機能が搭載されていることがあり[キオスクモード]などと呼ばれますが、iPhoneではアクセスガイドと呼んでいます。

アクセスガイドを設定するやり方

  1. 設定より【アクセシビリティ】>【アクセスガイド】を開きます。
    iPhone→設定

  2. アクセスガイドより【アクセスガイド】のオン/オフを切り替えます。
    その他の項目は必要に応じて変更します。

    iPhone→iOS16→アクセシビリティ→アクセスガイド

アクセスガイドを設定するやり方は以上です。

アクセスガイドの使いかた

アプリを制限するやり方

  1. 対象のアプリを起動します。
    iPhoneアプリ→Safari

  2. 本体の【サイドボタン】を3回押下します。
    ホームボタンが搭載されている機種では【ホームボタン】を3回押下します。

    iPhone X→【サイドボタン】

  3. アクセシビリティのショートカットが表示されたら【アクセスガイド】を選択します。
    表示されない場合、その画面がアクセスガイドに対応していない可能性があります(設定アプリなど)。

    iPhone→iOS16→ダイアログ→アクセシビリティのショートカット

  4. アクセスガイドより【開始】をタップします。
    必要に応じて【オプション】をタップ、無効にする領域を円で囲むなどの操作を行います。
    2回目以降に表示されない場合、設定よりオン/オフを切り替えると表示されるようになります。

    iPhone→iOS16→アクセスガイド

  5. アプリが制限されます。
    iPhoneアプリ→Safari

制限を解除するやり方

  1. 本体の【サイドボタン】を3回押下します。
    ホームボタンが搭載されている機種では【ホームボタン】を3回押下します。

    iPhone X→【サイドボタン】

  2. ロック解除を行います。
    iPhone→iOS16→パスコードを入力

  3. アクセスガイドより【終了】をタップします。
    iPhone→iOS16→アクセスガイド

アクセスガイドの使いかたは以上です。

このアクセスガイドは、様々な使いかたに流用することができます。

iPhoneの画面を横で固定する方法
iPhoneは電話であることから “縦” で持ち使うことが多いですが、本体の向きに合わせて “横” にして使うこともでき、場合によっては “横” のまま固定したい場合もあるでしょう。
iPhoneの画面を触っても動かないようにする方法
iPhoneで撮影した写真(画像)など特定の画面を家族や知人・友人に見せる際、操作され他の画面(写真など)を見られないようにしたい場合には[アクセスガイド]を利用してタッチ操作を無効にすると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。