当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

MacでTXTファイルを作成する方法

MacBook Mac

Macの【テキストエディット】アプリは[リッチテキスト(.rtf)]が標準となっているため、[標準テキスト(.txt)]を作成したい場合にはフォーマットを変更する必要があります。

テキストファイルのフォーマット

Macの[テキストエディット]アプリで作成されたファイルのフォーマットはリッチテキスト(.rtf)がデフォルトです。

見慣れない拡張子かもしれませんが、Windowsでも[ワードパット]アプリで開くことのできる一般的なフォーマットなので特に問題になることは少ないですが、標準テキスト(.txt)のフォーマットでファイルを作成することも可能です。

[テキストエディット]アプリではフォーマットを変更するだけで、どちらのファイルでも作成することができます。

フォーマットを変更するやり方

  1. 【テキストエディット】アプリを起動します。

    Macアプリ→テキストエディット

  2. メニューバーの[フォーマット]より【標準テキストにする】または【リッチテキストにする】を選択します。

    Mac→メニューバー→テキストエディット→フォーマット

フォーマットを変更するやり方は以上です。

ちなみにリッチテキストとは、文字の[装飾(大きさ、色、太さなど)]や[画像]や[表]の挿入などが可能な文書ファイルを指します。

簡易的なWordアプリと考えると良いかもしれません。

Macに乗り換えたWindowsユーザーがすべきこと
長年に渡ってWindowsを使用してきたユーザーがMacを使うと、ちょっとした違いにストレスを感じるかもしれません。今後にMacをメインで使用するなら慣れるのが一番ですが、「Windowsと併用する」「一時的にMacを使う」と言う場合には、...

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。