当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Macに乗り換えたWindowsユーザーがすべきこと

MacBook Mac

長年に渡ってWindowsを使用してきたユーザーがMacを使うと、ちょっとした違いにストレスを感じるかもしれません。今後にMacをメインで使用するなら慣れるのが一番ですが、「Windowsと併用する」「一時的にMacを使う」と言う場合には、MacをWindows風に近づけてみると良いかもしれません。

Macを購入した

長年のWindowsユーザーでしたが、ひょんなことからMacBook Airを購入しました。

仕事でパソコンを操作することが多く長年に渡ってWindowsを使ってきたので、無意識に行っている操作もありMacとWindowsの違いに四苦八苦しています。

このままMacをメインに使っていくのであればMacの流儀を覚えるべきでしょうが、まだまだWindowsから離れるわけにもいかないので、少しでも使いやすくしてみました。

Apple 2020 MacBook Air ノートパソコン: Apple M1 Chip、13インチ、8GB RAM、256GB SSD、バックライトKeyboard、FaceTime HDカメラ、Touch ID、iPhoneとiPadに対応 - スペースグレイ
Apple 2020 MacBook Air Apple M1 Chip
 

データ移行

WindowsからMacへデータを移行するには、いくつかの手段があります。

Macでは[移行アシスタント]が用意されていますが、データ量が少なければ[ファイル共有]などを利用したほうが手間が少ないかもしれません。

どちらも一長一短なので状況に合わせて選択すると良いでしょう。

WindowsパソコンのデータをMacに移行する方法
Windowsパソコンに保存されているデータをMacへ引き継ぎたい場合、「手動でコピーする」の他に「移行アシスタントを使う」と言う手段があります。
Windowsのファイル・フォルダーを他デバイスから操作する方法
2台以上のデバイスで[ファイル]や[フォルダー]を相互に操作(編集/移動/コピーなど)したい場合、Windowsでは【ネットワークのファイルとフォルダーの共有】と呼ばれる機能を使うと便利です。ちなみに、他デバイスとはWindowsだけでなく...

入力

Macを初めて使って気が付くのがマウス(トラックパッド)やキーボードの挙動でしょう。

マウス

Macにおけるマウス(トラックパッド)操作は「右クリックがない」「マウスホイール(スクロールホイール)と逆にスクロールする」と言う挙動をします。

Windowsを長らく使ってきたユーザーからすれば「つい右クリックしてしまう」「つい逆に動かしてしまう」などと一番ストレスを感じる部分かもしれません。

これらは[システム設定]>[マウス][トラックパッド]より【副ボタンのクリック】【ナチュラルなスクロール】を変更することでWindowsに寄せることができます。

キーボード

Macではキーボードを押下した際の挙動がWindowsと異なります。

ちょっとした違いであることが多く「気にしない」と言う人も少なくないかもしれませんが、この「ちょっとした違い」はストレスを感じやすいものです。

これは設定を変更することによって「キー操作をWindows風にする」と言うことができ、をWindows風のショートカットキーも使えるようになります。

Macのキー操作をWindows風にする方法
Windowsに使い慣れた人がMacを使うとキーボード操作の違いに戸惑うかもしれませんが、設定を変更することでWindows風に切り替えることができます。もちろん、Windowsのキーボードショートかとも使えるようになります。

ファイル

「Windowsでしか使えないファイル」「WindowsとMacで標準フォーマットが異なる」と言うことがあります。

デフォルトで使えなくとも「対応するアプリを使う」「アプリの設定を変える」などによって解決する場合があります。

また、どうしても使えない場合にはMacでWindowsアプリを動かしてみると良いでしょう。

MacでWMVを再生する方法
Windowsで再生できてもMacで再生できないファイル形式の1つに[WMV]があります。これは専用のPlayerを使うことで再生できます。
MacでTXTファイルを作成する方法
Macの【テキストエディット】アプリは[リッチテキスト(.rtf)]が標準となっているため、[標準テキスト(.txt)]を作成したい場合にはフォーマットを変更する必要があります。
MacでWindowsアプリを動かす方法
Windowsで使っているアプリケーションをMacで使おうとしてもMac版が用意されているとは限りません。どうしても使いたい場合にはWindows互換レイヤーの【Wine】を使ってWindows版をMacで動作させてみると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。