当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Apple Watchに地図を表示する方法

Apple Watch Apple Watch

Apple Watchではディスプレイに[地図]を表示することができます。土地勘の無い場所を移動している場合などには現在地を表示すればわかりやすいかもしれません。

マップアプリで表示

Apple Watchにはマップアプリがプリインストールされているので、アプリを起動するだけで地図を表示させることができます。

また、位置情報サービス(GPSなど)も使えるので、「現在地を表示する」ことはもちろん[目的地を表示する]と言うことも可能です。

AirPodsを組み合わせれば簡易的なナビゲーションシステムにもなるでしょう。

Apple Watch SE(第2世代) GPSモデル、 40mmケース ミッドナイトアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド レギュラーを組み合わせたスマートウォッチ。フィットネストラッカーと睡眠トラッカー、衝突事故検出、心拍数のモニタリング、Retinaディスプレイ、耐水性能
Apple Watch SE(第2世代)
 
Apple AirPods(第3世代)MagSafe充電ケース付き
Apple AirPods(第3世代)
 

地図を表示するやり方

  1. すべてのアプリより【マップ】を選択します。
    Apple Watch→App表示

  2. マップより【検索】または【位置情報】をタップします。
    検索の場合は検索結果を選択します。

    Apple Watch→アプリ→マップ

  3. 地図が表示されます。
    Digital Crownを回すことで拡大縮小できます。

    Apple Watch→アプリ→マップ

地図を表示するやり方は以上です。

iPhoneの画面を見ずに済むので便利でしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。