当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsで「アクティビティの履歴」を無効にする方法

Windows 10→タイムライン Windows

Windows 11やWindows 10には【アクティビティ履歴】と呼ばれる機能が搭載されており、「どのアプリを使ったか」「どのファイルを使ったか」などの操作が記録されますが、その分で[CPU][メモリー][ストレージ]などのリソースを消費するので、必要が無ければオフにすると良いでしょう。

アクティビティ履歴とは?

Windows 11やWindows 10において「どのアプリを使ったか」「どのファイルを使ったか」などを記録していく機能がアクティビティ履歴です。

記録された履歴はWindows 10の[タイムライン]や以前の[Microsoft Edge(従来版)]などに利用されていましたが、どちらもWindows 11では使われておらずアクティビティの履歴の用途は薄いのかもしれません。

このため、不要であればアクティビティ履歴をオフにすれば、特にパフォーマンスの低いパソコンでは、その分の処理が無くなるので高速化に一役買うかもしれません。

アクティビティ履歴をオフにするやり方

Windows 11

  1. 設定の[プライバシーとセキュリティ]より【アクティビティの履歴】をクリックします。
    Windows 11→設定→プライバシーとセキュリティ

  2. アクティビティの履歴より【このデバイスでのアクティビティの履歴を保存する】【アクティビティの履歴をMicrosoftに送信する】をオフにします。
    Windows 11→設定→プライバシーとセキュリティ→アクティビティの履歴

  3. アクティビティの履歴の[このアカウントのアクティビティの履歴をクリアします]より【履歴のクリア】をクリックします。
    Windows 11→設定→プライバシーとセキュリティ→アクティビティの履歴

Windows 10

  1. 設定より【プライバシー】をクリックします。
    Windows 10→設定

  2. プライバシーの[アクティビティの履歴]より【このデバイスでのアクティビティの履歴を保存する】【アクティビティの履歴をMicrosoftに送信する】をオフにします。
    Windows 10→設定→プライバシー→アクティビティの履歴

  3. アクティビティの履歴の[アクティビティの履歴を消去する]より【クリア】をクリックします。
    Windows 10→設定→プライバシー→アクティビティの履歴

アクティビティ履歴をオフにするやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。