当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsを高速化する方法

デスクトップ Windows

すべてのパソコンがWindowsを快適に動作させられるとは限らず、なかには性能が足りない場合も少なくありません。このような場合には設定を変更することで改善できる場合があります。

Windowsを軽くするには?

一番簡単なのは性能の良いパソコンを使うことですが、安い買い物ではないパソコンを買い替えるのは簡単では無いかもしれません。

また、性能アップが期待できる「HDDをSSDへ換装する」「メモリーを増設する」と言うことも、昨今では換装や増設ができないパソコンも少なくないので難しいかもしれません。

そこで、Windowsに搭載されている様々な機能を取捨選択し不要なものをオフにして全体のパフォーマンスを上げられる可能性があります。特に視覚的な機能の場合、見た目の変化の割に効果が高い場合が多いです。

設定のポイント

アクティビティの履歴

「どのアプリを使ったか」「どのファイルを使ったか」など操作の履歴が記録されると、その分でパフォーマンスに影響が出るので不要であればオフにすると良いでしょう。

Windowsで「アクティビティの履歴」を無効にする方法
Windows 11やWindows 10には【アクティビティ履歴】と呼ばれる機能が搭載されており、「どのアプリを使ったか」「どのファイルを使ったか」などの操作が記録されますが、その分で[CPU][メモリー][ストレージ]などのリソースを消...

透明効果

[ウィンドウ]など半透明になっている部分は処理能力を使うのでオフにすると良いでしょう。

Windowsの透明効果を設定する方法
Windows 11やWindows 10では所々で[透明効果]が有効になっており、ウィンドウの背後にある表示内容が透過するようになっていますが、これによってパフォーマンスに影響を及ぼす場合もあるので、スペックが弱い機種ではオフにして透過を...

視覚効果

操作時の[アニメーション]やウィンドウの[影]と言った効果は処理能力を使うのでオフにすると良いでしょう。

Windowsの視覚効果を設定する方法
スペックが弱いモバイルノートパソコンなどでは、通常利用時にも「動作が重い」などと感じることがありますが、パフォーマンスを優先して少しでも快適に使いたいのであれば、視覚効果をオフにしてみると改善するかもしれません。

バックグラウンドアプリ

バックグラウンドで動作するアプリが必要か否かは人によって異なるため取捨選択すると良いでしょう。

Windows 10でバックグラウンドアプリを設定する方法
Windowsではユーザーが起動していなくとも動作しているアプリが複数あり、これを「バックグラウンドアプリ」などと呼びます。これらのアプリは必ずしも必要で無い場合もあるので見直してみると良いでしょう。

スタートアップアプリ

OSの起動時に同時に起動するアプリが必要か否かは人によって異なるため取捨選択すると良いでしょう。

Windowsの起動時にアプリの立ち上げを管理する方法
パソコンを起動するとOS(Windowsなど)と同時に様々なアプリケーションが起動します(スタートアップアプリ)。起動するアプリケーションはOSによって管理されていますが「ユーザーが必要なアプリケーションを起動する」「特定のアプリケーション...

クリーンアップ

長く使っているとストレージに不要なファイルが残ることがあるので、これを定期的に削除すると良いでしょう。

Windowsで不要なファイルを自動的に削除する方法
一時ファイルやごみ箱などにあるファイルは一定期間後に自動削除してくれると便利です。Windows 10では【ストレージセンサー】と称して不要なファイルを自動的に削除する機能が搭載されています。

電源管理

パソコンに搭載されているCPUは省電力の機能によって最大のパフォーマンスでは動作していない場合があるので見直してみると良いでしょう。

WindowsでCPUのパフォーマンスを設定する方法
WindowsではCPUの性能を操作することができる場合があります。特にノートパソコンの場合、「持ち出している時は省電力」「電源に接続しているときは高パフォーマンス」のように状況に合わせて変更されるよう設定しておくと良いでしょう。

初期化

どうしても改善しない場合には初期化を考えてみると良いかもしれません。この時、可能であれば前述した「SSDへ換装する」と言ったことをすると効果が高いかもしれません。

Windowsを初期化をする方法
使わなくなったWindowsパソコンを[売却][譲渡][廃棄]などをする場合は、個人データを残さないようリセットを行っておきましょう。パソコンのリカバリー機能を使うと工場出荷状態に戻ることがあるので注意が必要です。
Windows
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。